grape [グレイプ] entertainment

渡部の謝罪会見にカズレーザー「あまり見ていて…」 続く言葉に、共感の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年6月に、複数の女性との不倫関係を報じられたことをきっかけに芸能活動を自粛した、お笑いコンビ『アンジャッシュ』の渡部建さん。

同年12月3日に、一連の騒動について謝罪会見を行いました。

会見では記者からのさまざまな質問に対し、渡部さんは「自分の軽率な行動で周囲の人に迷惑をかけたことを申し訳なく思います」と、ひたすら謝罪しています。

渡部の謝罪会見に、カズレーザーがズバリ

同月4日に放送された情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)では、渡部さんの会見について特集。

メインキャスターの小倉智昭アナウンサーは、会見について「不祥事を起こした後の会見は、早いほうがいいと感じた」とコメント。その言葉を受け、お笑いコンビ『メイプル超合金』のカズレーザーさんはこう答えました。

そうですね。忘れていたという方もなんならいらっしゃるものと思うので…。

それをなかなかの長尺でやられていたので、あまり見ていて気持ちのいいものではなかったんじゃないですかね。

とくダネ! ーより引用

カズレーザーさんは、100分にも及ぶ長い時間をかけて行われた会見について「見ていて気持ちはよくなかった」と本音を漏らします。

これまでも数々の問題について、中立の立場で切り込むコメント力を注目されてきた、カズレーザーさん。

今回の会見について、次のような自身の意見を明かしました。

謝罪の目的がそもそも明瞭じゃなかったんで…。

どうなっても…というか、正直、今渡部さんに不快感なり、嫌悪感を抱いている層っていうのは実害を受けているわけじゃないので、これを謝罪会見したところで解消することってそもそも無理じゃないですか。

もともと興味なかったり。なんとなく漠然と嫌ってるだけなんで。

謝罪会見でこれを取り戻して復帰とか、これまでの立ち位置に戻るってことは、そもそも絶対的に無理なんですよ。

とくダネ! ーより引用

続けて「記者会見の目的がなかったために、記者の質問も堂々巡りでグダグダになってしまった」とコメント。最後に、会見がもたらした効果について「渡部さんをかわいそうと発信する層が出てきたのは、彼にとってプラスになるのでは?」と持論を述べました。

カズレーザーさんの意見について、ネット上では共感の声が上がっています。

・完全に同意。もうこの話題はいいと思う。

・よくいった!カズレーザーさんって本当に的確なコメントをするなぁ。

・カズレーザーさんのコメントが、一番ものごとを整理した上で、本質をつかんでいると思う。

視聴者側の心情をおもんぱかった上で、世相を推測したカズレーザーさん。冷静にものごとを分析する視点に、多くの人が納得しました。


[文・構成/grape編集部]

出典
とくダネ!

Share Tweet LINE コメント

page
top