grape [グレイプ]

兼近大樹、渡部建の謝罪会見に対し…? 「本当そう!」「率直で笑った」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年12月3日放送の情報番組『ABEMA Prime』(ABEMA)に、お笑いコンビ『EXIT』の兼近大樹さんが出演。

生放送で行われた同番組の放送直前には、お笑いコンビ『アンジャッシュ』の渡部建さんによる不倫騒動の謝罪会見が行われていました。

兼近大樹、渡部建の謝罪会見に対し「やる意味あったのか?」

兼近さんは、渡部さんの会見について意見を求められると「まず、『すげー長えなー!』って思いましたね」とコメントし、このように続けました。

たぶん、関係者にはもう、直接謝ってるんですよね。

だから、ここ(謝罪会見)で関係者に謝る必要はない。

その上でこれをやっている意味がちょっと分からなかったです。

結局、今回の騒動って、(多目的トイレの)『多目的』に性行為を含んでしまったことで騒がれてるんですよね。

だから、その部分の謝罪オンリーでよかった。

それのせいで、多目的トイレを使えなくなった人たちがいっぱいいるわけだから。

そこの謝罪を、ばちこんブッかまして…でよかったんじゃないかなって。

ABEMA Prime ーより引用

渡部さんの謝罪会見は1時間半以上にも及びました。

兼近さんは、長時間に及んだ謝罪会見に対し「謝るべき相手にはすでに謝っているはずだから、多目的トイレの使用方法についてのみ謝ればよかったのでは」とコメント。

さらに、兼近さんは「やる意味あったのかな」と謝罪会見自体に疑問を呈しました。

結局(会見を)やってもやらなくても、文句をいいたい人はずっといい続けるんで。

これをやることで、一部だけを切り取って「こういうこといってたよ」とか、切り取りで前後の文脈を無視して記事を上げられちゃったりとか。

「よりよくないことが広がるんじゃねーかな」っていう意味では、「やる意味あったのかな」っていうのは思いました。

ABEMA Prime ーより引用

兼近さんの意見に対し、ネットからはさまざまな意見が上がりました。

・兼近さんの「長えな!」っていう感想、その通り!長すぎて、誰に対して謝っているのかよく分からなかった。

・兼近さんのコメント、率直で笑いました。視聴者からすると、今回の謝罪会見は『今更感』が強かったです。でも、また初心に戻って頑張ってほしい。

・芸能界の慣習として、謝罪会見をするほかなかったのかなと思いました。でも、謝ることで渡部さんが、より反省できるのなら意味はあったのかも。

・時間はかかったけど、公の場で謝る姿を見て、「ちゃんと謝る場を設けて、頑張ったなあ」と僕は思いましたよ。今後に期待したいです。

謝罪会見で、「反省しています」と誠心誠意謝った渡部さん。

今後、渡部さんが関係者やファンの信用を回復するには、地道に誠意を見せ続け、活動していくしかないのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
ABEMA Prime

Share Tweet LINE コメント

page
top