grape [グレイプ] entertainment

松本人志、M-1ラストに放った『ひと言』に共感の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年12月20日に放送された、漫才日本一を決めるテレビ番組『M-1グランプリ2020』(ABC・テレビ朝日系)。

番組の審査員を務めた、お笑いコンビ『ダウンタウン』の松本人志さんの言葉が、ネット上で「グッとくる」と反響を呼んでいます。

松本人志「漫才をやることのしあわせと…」

番組史上最多となる5081組の中から、お笑いコンビ『マヂカルラブリー』が見事優勝を果たしました。

お笑いタレントにとって、自分たちのお笑い人生をかけた大切なイベントであるM-1グランプリ。

新型コロナウイルス感染症の影響でイベントの中止が相次ぎ、M-1グランプリも1回戦は無観客、3回戦がなくなるなど『例年とは違う形式』で行われました。

実力をアピールする場の減少や思うようにイベントの開催ができず、関係者にとって苦労の多い1年となったことでしょう。

番組終盤、会場の興奮が冷めやらぬ中、コメントを求められた松本さんはこう締めくくりました。

『漫才をやること』のしあわせと『漫才を見ること』のしあわせを、今回特に感じました。

ありがとうございました。

M-1グランプリ ーより引用

M-1グランプリのみならず、さまざまな舞台で若手たちの勇姿を見届けてきた松本さんにとって、今大会はいつもと違う意味合いもあったはず。

昨今の厳しい状況下で、「お笑いを楽しめることの素晴らしさを、改めて感じた」との思いを明かしたのです。

ネット上では、松本さんの発言が心に響いたという人が続出しました。

・本当にその通り。コロナ禍の中でM-1を開催してくださり、本当にありがとうございました。

・松本さんの言葉を聞いて、なぜか「ウルッ」ときてしまいました。面白いコンビばかりで、今年1番笑ったと思います。

・さすがですね。若手の人が松本さんへ憧れる理由が分かった気がします。スタッフさんや演者の方、大変な中たくさんの笑顔をありがとうございます!

松本さんの言葉に、多くの人が心を動かされたようです。

コロナ禍だからこそ、いつも私たちへ笑顔を届けてくれるエンターテインメントに携わる人たちへの感謝の気持ちを改めて感じますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
M-1グランプリ

Share Tweet LINE コメント

page
top