grape [グレイプ] entertainment

知人のため、愛犬を里子に出したGACKT 動画に賛否両論の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2021年2月10日、歌手のGACKTさんが自身のYouTubeチャンネル『GACKTちゃんねる がくちゃん』に新しい動画を投稿しました。

GACKTさんが大阪府に向かった理由は、トランプゲームの1つである『ポーカー』でプロとして活躍している土川鉄也さんに会うため。

話によると、土川さんの妻は14年もの間連れ添った愛犬を失くし、酷く落ち込んでしまっているといいます。

ペットを飼ったことがある人なら必ずといっていいほど体験する『ペットロス』。いつか別れの時が来ると分かっていても、現実を受け止めるのは難しいものです。

愛犬を譲ったGACKTの行動に、賛否の声

GACKTさんが「新しい犬を飼ってみてはどうか」と進言をするも、なかなか立ち直ることができないという土川さんの妻。

そこでGACKTさんは、自らの愛犬であるフェンディを譲渡することにしたといいます。

自力で前に進めない土川さんの妻を元気付けるため、思考を巡らせ、「『GACKTから無理やり犬をもらった』という形なら、立ち直るきっかけにできるのではないか」と考えたGACKTさん。

そのアイディアを土川さんが喜んで承諾したため、こうしてフェンディを譲渡することになったといいます。

5か月もの間一緒に暮らしたフェンディを抱きしめながら、GACKTさんはこのように思いを明かしました。

もちろん、さびしいって気持ちはあるんですけどね。「かわいがってもらえれば」っていうのと。

あとは、僕にとって(土川さんは)大切な師匠なんでね。「また新しい生活が始まってくれたらいいな」という思いで。

GACKTちゃんねる がくちゃん ーより引用

GACKTさんがサプライズで登場し、企画の内容を告げると、土川さんの妻はフェンディを抱きしめて号泣。

そんな土川さんの妻に、GACKTさんは「自分も犬を何度も飼ってきたので、亡くす気持ちは分かる。これからは思い出と一緒に前に進んでほしい」といいました。

動画の最後には、GACKTさんがフェンディに優しく別れの言葉をかける姿が写っています。

GACKTの行動に、ネットでは賛否の声が

同日、動画の投稿がTwitterで告知されると、その内容に賛否の声が上がりました。

【肯定的な声】

・自分もペットロスになったことがあるから、とても気持ちが分かる。GACKTさんの優しさが伝わってきました。

・愛犬を里子に出すなんて、なかなかできないですよ。それほど、土川さん夫婦を想っていたのだろうな…。

・犬の気持ちは犬にしか分からない。結果的に犬が幸せな家族と暮らせるなら、それがいいと思う。

【批判的な声】

・犬も人間と同じ家族。自分の子供を他人にあげるなんて、普通はできないよ。

・GACKTさんのような影響力の大きい人だと、マネする人が出そうで怖い。最期まで面倒を見ないとダメですよ。

・「落ち込んでいる知人を元気付けたい」という思いは素晴らしい。でも、そこで愛犬をあげるのは違うと思う。

土川さんによると、今回の譲渡については数か月間、慎重に話し合いを重ねてきたといいます。

そして2月現在、土川さん夫妻はフェンディと毎日、夢のように楽しい生活を送っているそうです。

動画のフェンディの姿からは、GACKTさんに懐いていることが伝わってきます。譲渡されるに至って、フェンディがどう思ったかは人間には分かりません。

しかし、一般的に「ペットは最期まで責任をもって面倒を見ること」が飼い主の責任とされています。

GACKTさんの動画を見て、安易に自分のペットを手放そうとする人が現れないことを祈るばかりです。


[文・構成/grape編集部]

出典
GACKTが愛犬を里子に出しました。

Share Tweet LINE コメント

page
top