grape [グレイプ] entertainment

手術で顔が腫れあがった小島瑠璃子、公開した2枚に「誰!?」「心配です」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

一番奥に生えてくる永久歯、『親知らず』。

状況によっては、炎症や虫歯の原因となり抜歯が必要な場合もあります。

2021年4月8日、タレントの小島瑠璃子さんがTwitterを更新。公開した写真が話題になっています。

2本の親知らずを抜歯した小島瑠璃子、術後の姿を公開

歯茎に埋まっている親知らずを、2本抜歯したという小島さん。

『#同一人物とは思えない画像を貼れ』というタグを添えて投稿すると、「大丈夫かな」「誰!?」などの声が上がりました。

ネットをざわつかせた写真がこちらです!

普段は小顔な小島さんですが、抜歯の腫れによって顔が四角になってしまっています…!

通常の時の顔と並べると、その違いに驚いてしまいますね。

自分の抜歯後の顔に対して、小島さんは「変顔にするアプリで撮ったわけじゃないよ」や「食パンマンになった」などとジョークを混ぜてコメント。

抜歯後の小島さんの顔を見た人からは、さまざまな声が上がりました。

・こんなに腫れていてもかわいいなんて…!お大事にしてくださいね。

・『アンパンマン』に出てくる、食パンマンみたい。かわいくて少し笑ってしまいました!

・大丈夫ですか!?そんなに腫れるんですね…。

本人はいたって元気そうですが、ファンからは心配の声も上がったため、小島さんは、その後このように説明しました。

小島さんが受けたのは、歯茎を切開して親知らずを砕くというものだったため、ここまで腫れたのだとか。

腫れた顔さえも美しい、小島さん。

きっと抜歯後の痛みもあるはずですが、それでも明るく振舞う姿に、多くの人が心をつかまれたことでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
@ruriko_kojima

Share Tweet LINE コメント

page
top