急性アル中で倒れた人にAEDを使おうとしたら怒られた ホントにダメ?

看護師の@mizutama345さんが遭遇した出来事をTwitterに投稿し、大きな注目を集めています。

横浜駅を通った際、急性アルコール中毒で倒れた人を見つけ、助けに入った投稿者さん。同じく居合わせた看護師の人と二人でAEDを使い、救命処置を行おうとしたのですが…。

なんと、通りがかりの看護師か医療従事者と思われる女性から「AEDなんか使うな! 点滴すれば治るでしょ! すぐはがして!!」と言われてしまったのだそうです。

迷わずAEDを使ってほしい

女性看護師は「AEDなんか使うな」と言っただけで去ってしまったため、どういった意図でそんな言葉を使ったのかはわかりません。

投稿者さんは、患者がおう吐物で窒息してしまわないように回復体位をとり、AEDを使おうとしていたそうです。「AEDの使い方が間違っている」という指摘ではないのは明らか。「点滴をすれば治る」といっても、点滴は病院に搬送しなければ行えません。それまでに心肺停止になってしまったら…。

AEDによる電気ショックが不要である場合は、AEDがそれを判断してくれるので「使わない」理由にはなりません。

医療従事者だとしても、AEDに対する認識が一般的ではない人もいるのかもしれません。投稿者さんは、「迷わずにAEDを使ってほしい」という気持ちでこのツイートを投稿しています。

現役の医師や救急隊員からもコメントが

この投稿に対して、現役の救急救命士の救急隊員もコメントをしています。

こちらは医師の方から。

AEDが不要となっても、電源を落としたりはがしたりせず、そのまま救急搬送したほうが良いとのこと。大変ためになります。

死戦期呼吸とは、心停止の直前に起こるあえぐような呼吸のことです。一見呼吸をしているようですが、しゃくりあげるような様子が特徴。慣れていなければ見分けるのは難しいでしょうから、「呼吸している」と判断してしまわずに、やはりAEDを使ったほうが良いのです。

「素人なのに、AEDを使っていいのだろうか?」と思わずに、素人だからこそ、AEDを使うべきなのでしょう。

今回のケースでは、たまたま居合わせたのが看護師の方でした。もし周りに医療従事者がいなければ…。そのときは自分が誰かの命を救うのだ、そんな気持ちを持っていたいですね。もちろん不安もあると思いますが、AEDが手助けをしてくれるはずです。

出典
@mizutama345@gamikun_mao@hamak_k

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop