grape [グレイプ] lifestyle

ワークマンのベストで防寒は大丈夫? 実際に着てみて分かった実力とは

By - ドルフィン  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

過酷な環境でも耐えられる作業着を中心に、機能的な商品を販売しているワークマン。カジュアル路線にも力を入れていて、日常使いに最適なアイテムも取り扱っています。

寒い日にサッと着られるベストは防寒対策だけではなく、釣りやキャンプなどのレジャーにもぴったりの機能が付いているのはご存知でしたか。

ワークマンのオンラインストアで確認できたベストから、特徴的な商品を10種類ピックアップしました。

ワークマンのベストの体験レビューもまとめているので、気になる人はチェックしてくださいね。

※この情報は、2022年1月現在の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

ワークマンのベスト10選 『洗濯可』『発熱』『撥水』など種類が豊富

ワークマンが販売しているベストから、特徴的な商品を集めました。

・REPAIR-TECH(R)(リペアテック)洗えるフュージョンダウン ライトベスト

・ユーティリティー ウォームベスト

・WM NIKKA(ダブルエム ニッカ) ストライプベスト

・裏アルミFIELD(フィールド) ベスト

・AERO STRETCH(エアロストレッチ)ベスト

・Wind Core(ウィンドコア) ヒーターベスト

・Wind Core(ウィンドコア) ヒーターインナーベスト

・ユーティリティー 撥水フリースインナーベスト

・ヒーターボアフリースベスト

・白狼 加工糸(はくろう かこうし)ベスト

『洗濯可』『発熱』『撥水』といった、優れた機能が付いたベストや、オールシーズンに対応しているベストまで、さまざまな種類があります。

ピックアップした10種類のベストは、どれも税込み4000円以下で買えるリーズナブルな商品。すでにベストを持っている人でも、着回し用に1着持つのはよさそうですね。

早速、ワークマンのベスト10種類をご紹介します。

REPAIR-TECH(R)(リペアテック)洗えるフュージョンダウン ライトベスト

※写真の商品はブラック

基本情報

・素材:ナイロン、ダウン、ポリエステル、アクリル、フェザー

・サイズ:S、M、L、LL、3L(ブラックのみ)

・色:ブラック、モカブラウン、カーキグリーン、マスタードイエロー、ネイビー

・価格:1900円(税込)

特徴

・自己修復機能がある『REPAIR-TECH』を搭載。

・通常のアルミより1.5倍の保温性があるブラックアルミ仕様。

・発熱性のある吸湿発熱わたを採用。

・携帯できる収納袋付き。

・洗濯ができる。

『REPAIR-TECH(R)(リペアテック)洗えるフュージョンダウン ライトベスト』の最大の特徴は、自宅で洗濯ができること。洗う時は洗濯表示に従ってください。

また、ダウンの吹き出しや空気抜けを防止するだけでなく、多少の穴なら自己修復する『REPAIR-TECH』を搭載しています。ハードに使い回せるベストといえるでしょう。

通常のシルバープリントより、1.5倍の保温性があるブラックアルミを裏地に使用しているので、優れた防寒性を実現しました。

サッと羽織ることができるアウターとしても、ミドルインナーとしても活躍しそうですね。

口コミ

・家で洗えるのが最大のメリット。価格が安くてとてもいい。

・ブラックアルミが暖かく、日常で気軽に着られるコスパのいいダウンです。

・ボタンがゆるいのは気になるが、機能面と価格には満足。

ユーティリティー ウォームベスト

※写真の商品はデザートサンド

基本情報

・素材:ナイロン、ポリエステル

・サイズ:フリー

・色:デザートサンド、ブラック

・価格:2500円(税込)

特徴

・撥水、撥油、防汚のテフロン加工をしている。

・裏地に保温性のあるマイクロフリースを採用。

・大容量のポケットが付いている。

・視認性を高める反射材が付いている。

・収納可能のフードが付いている。

『ユーティリティー ウォームベスト』は、テフロン加工によって、撥水・撥油、防汚機能が付いているベスト。山や海など過酷な環境にも対応しています。

収納力に長けていて、500㎖のペットボトルが入る伸縮自在のポケットや、A4サイズを収納できる大容量のポケットまで付いているので、キャンプなどのアウトドアで活躍しそうですね。

アウターの上から着られるビッグシルエットは、一度着ると手放せなくなるかもしれません。

口コミ

・アウターの上から着られて便利でした!

・ポケットが多く、手ぶらで買い物に行けるのが楽でいい。

・保温力も収納力もシルエットも気に入っています。

WM NIKKA(ダブルエム ニッカ) ストライプベスト

※写真の商品はダークブラウン

基本情報

・素材:ポリエステル

・サイズ:M、L、LL、3L

・色:ディープブラック、シルバーグレー、ダークブラウン

・価格:1500円(税込)

特徴

・オールシーズンに対応。

・デザイン性を高めるストライプ仕様。

・小物や貴重品を入れられるポケットが豊富。

『WM NIKKA(ダブルエム ニッカ) ストライプベスト』は、オールシーズンに対応したベスト。シンプルな作りなので、どんなコーディネートにも合うでしょう。

豊富なポケットは、仕事でもプライベートでも、活躍しそうですね。

口コミ

・デザインが気に入ってるのと、ポケットが多いので助かっています。

・仕事用として購入。リーズナブルなので、毎年買い替えています。

・ちょっと出かける時に、手ぶらでいけるのが楽。

裏アルミFIELD(フィールド) ベスト

※写真の商品はパウダーホワイト

基本情報

・素材:ポリエステル、綿、ナイロン

・サイズ:M、L、LL、3L

・色:パウダーホワイト、ダークベージュ、ブラック、ブラッシュグリーン、ヘリンボン

・価格:2900円(税込)

特徴

・擦れや摩擦に耐久性のある『CORDUR』を仕様。

・保温性に優れた厚手のアルミプリントを採用。

・首元に冷気を防ぐウィンドストッパーが付いている。

『裏アルミFIELD(フィールド) ベスト』は、ミリタリーテイストに着想を得たベスト。擦れや摩擦に強い『CORDUR』を採用しているので、アクティブに動けることでしょう。

両襟のウィンドストッパーが冷気の侵入をシャットアウト。厚手のアルミプリントが、高い保温性を実現しました。

収納ポケットも多く、快適に過ごせそうですね。

口コミ

・軽くて動きやすい。暖かいので重宝しています。

・冷たい風が吹いても、寒さを感じないほど暖かかった。

・背中の部分のアルミが熱をキープするので、過ごしやすい。

AERO STRETCH(エアロストレッチ)ベスト

※写真の商品はライムイエロー

基本情報

・素材:ポリエステル、合成皮革(ハンティングオレンジのみ)

・サイズ:S、M、L、LL、3L、4L、5L

・色:ブラック、バーガンディレッド、ライムイエロー、ハンティングオレンジ(4L・5Lなし)、ダークグリーン(S・4L・5Lなし)、シャンブレーネイビー、シャンブレーグレー

・価格:1900円(税込)

特徴

・ほかのワークマンウェアと組み合わせができる『ATTACHMENT SYSTEM』を搭載。

・持ち運びできるポケッタブル仕様。

・大容量のムービングポケットが付いている。

『AERO STRETCH(エアロストレッチ)ベスト』は、ほかのワークマンウェアと組み合わせられる『ATTACHMENT SYSTEM』を搭載したベスト。天候・気温・着用シーンに合わせて、自由に着こなせるでしょう。

500㎖のペットボトルが2本も入る、大容量のムービングポケット付き。ベスト本体をムービングポケットにしまえば、持ち運びもできます。

軽量で動きやすく、レジャーでも頼りになりそうですね。

口コミ

・ゴルフ用に使っていますが、暖かいし動きやすいし、ぴったりです。

・父へのプレゼントに購入。「寒い日にちょうどいい」と喜んでくれました。

・軽くてごわつかないのに暖かいです。自転車に乗る時の防寒として活用しています。

Wind Core(ウィンドコア) ヒーターベスト

※写真の商品はブラック

基本情報

・素材:ポリエステル

・サイズ:M、L、LL、3L

・色:ブラック、バンダナレッド(3Lなし)、マスタードイエロー(3Lなし)、テラコッタ、ダークグリーン(3Lなし)、バンダナネイビー(3Lなし)

・価格:3900円(税込)

特徴

・ほかのワークマンウェアと組み合わせができる『ATTACHMENT SYSTEM』を搭載。

・電熱ヒーターを内蔵。

・撥水加工がされている。

『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターベスト』は、ほかのワークマンウェアと組み合わせられる『ATTACHMENT SYSTEM』を搭載したベスト。天候・気温・着用シーンに合わせて、自由に着こなせるでしょう。

電熱ヒーターを内蔵している『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターベスト』は、しっかり暖かさを感じられるので、『着るコタツ』といわれるほど。

撥水加工は、釣りやツーリングなどのレジャーから、日常の買い物まで活躍しそうですね。

口コミ

・ヒーターで首元が暖かく、温度調節ができるのもありがたい。

・仕事で利用しています。これを着るようになってからはもう手放せません。

・小さいことですが、バッテリーのポケットと内ポケットが別になってるのが気に入っています。

Wind Core(ウィンドコア) ヒーターインナーベスト

※写真の商品はモカ

基本情報

・素材:ポリエステル、ナイロン、ポリウレタン

・サイズ:S、M、L、LL、3L

・色:ブラック、モカ(S、3Lなし)

・価格:3900円(税込)

特徴

・電熱ヒーターを内蔵。

・撥水加工がされている。

・反射材が付いている。

・襟が2WAY仕様で切り替えられる。

『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターインナーベスト』は、電熱ヒーターを内蔵したベスト。裏地のアルミプリントと合わせて高い保温性を実現しました。

ニット部分を除いて撥水加工がされているので、急に雨が降っても安心できますね。ノーカラーにもできる襟や反射材など、細かな機能もポイント。

あらゆる場面で着たくなる、万能ベストでしょう。

口コミ

・外気が一桁の時、ヒーターの底力を感じます。

・着心地もよく、両親へのプレゼントに追加で2着購入しました。

・とても軽くて暖かい。冷え性なので欠かせないベストになりました。

ユーティリティー 撥水フリースインナーベスト

※写真の商品はテラコッタ

基本情報

・素材:ポリエステル

・サイズ:S、M、L、LL、3L

・色:ブラック、テラコッタ(S、3Lなし)、ダークグリーン(S、3Lなし)

・価格:1500円(税込)

特徴

・ほかのワークマンウェアと組み合わせができる『ATTACHMENT SYSTEM』を搭載。

・表と裏にフリースを採用。

・撥水加工がされている。

『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターベスト』は、ほかのワークマンウェアと組み合わせられる『ATTACHMENT SYSTEM』を搭載したベスト。天候・気温・着用シーンに合わせて、自由に着こなせるでしょう。

撥水加工がされた、暖かいフリース素材を表地と裏地に採用。毛足の長さが調整されているので、肌触りがよく、動きやすくなっています。

コストパフォーマンスがいい、ベストではないでしょうか。

口コミ

・日中は「暑い」と感じるほど、フリース素材に保温性がある。

・着脱が簡単で、いつもサッと羽織っています。

・着心地や肌触りが気に入っています。寒い日のミドルインナーにぴったり。

ヒーターボアフリースベスト

※写真の商品はブラック

基本情報

・素材:ポリエステル、ポリウレタン

・サイズ:S、M、L、LL、

・色:ブラック、カーキ

・価格:3900円(税込)

特徴

・ほかのワークマンウェアと組み合わせができる『ATTACHMENT SYSTEM』を搭載。

・電熱ヒーターを内蔵。

・熱伝導性を配慮した仕様。

・ボリューム感のあるパイルフリースを採用。

・反射プリント付き。

・大容量のポケット付き。

『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターベスト』は、ほかのワークマンウェアと組み合わせられる『ATTACHMENT SYSTEM』を搭載したベスト。天候・気温・着用シーンに合わせて、自由に着こなせるでしょう。

内蔵した電熱ヒーターは、熱伝導性に配慮した仕様と合わさって、極上の暖かさを生み出します。ボリューム感のあるパイルフリース素材が、着心地をよくしました。

反射プリントや大容量のポケットなど、充実した機能が備わったベストですね。

口コミ

・カイロを貼っているかのようにポカポカ。デザインもかわいいです。

・ヒーターを点けなくても暖かく、防寒着として活躍中です。

・倉庫作業用に大活躍。ポケットも多く重宝しています。

白狼 加工糸(はくろう かこうし)ベスト

※写真の商品はコン

基本情報

・素材:ポリエステル

・サイズ:M、L、LL、3L、4L

・色:クロ、シルバー、コン

・価格:1304円(税込)

特徴

・オールシーズンに対応。

・小物や貴重品を入れられるポケットが豊富。

・洗濯してもシワになりにくい。

『白狼 加工糸(はくろう かこうし)』は、オールシーズンに対応したベスト。小物や貴重品を入れられる、ポケットが多く付いています。

動きやすく、洗濯をしてもシワになりにくいので、ヘビーローテーションをしたくなるかもしれませんね。

アクティブなシーンで活躍するベストでしょう。

口コミ

・軽くて、ポケットも多く、着やすいベストです。

・安くていい。丈夫だからハードに着こなせる。

・コストパフォーマンスがいいベストではないでしょうか。

ワークマンのベスト 『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターインナーベスト』を買ってみた

ワークマンのベスト10選の中から、『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターインナーベスト』を購入してみました。

※写真の商品はモカ

購入するきっかけになったポイントは、次の通り。

・電熱ヒーターを内蔵している。

・撥水コーティングをしている。

・反射材が付いている。

・襟が2WAY仕様になっている。

税込み3900円と、防寒ベストの中ではリーズナブルだったのも決め手でした。

『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターインナーベスト』の、性能を確認していきましょう。

『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターインナーベスト』の着心地

172cmの筆者は、Lサイズを着用しました。薄手のトレーナーを着ていたからなのか、ベストが少し浮いているような感覚に。厚着であれば、ちょうどいいかもしれません。

中わたが入っているので、『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターインナーベスト』に内蔵されているヒーターを点けなくても、温もりを感じます。

普通に着ているよりも暖かくなるという、ヒーターを起動してみました。

ヒーターを使う時は、別売りのバッテリーが必要です。バッテリーを、『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターインナーベスト』の、フロント右ポケットに入っているケーブルにつなげて、バッテリーの電源をオンにしてください。

接続ケーブルとバッテリー

バッテリーにつながると、『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターインナーベスト』の右胸にある、電源ボタンが赤く点滅するので、確認してみましょう。

電源ボタン

電源ボタンが赤い点滅から青色になれば、ヒーターの起動が完了です。

ヒーターは『高(約50℃)』『中(約45℃)』『低(約40℃)』の、3種類の温度調節が可能。電源ボタンを1回ポチッと押すと、切り替えられます。

温度調整『高』

温度調整『中』

温度調整『低』

バッテリーの状態や温度調整の種類にもよりますが、4~23時間ほど、連続使用できるそうですよ。

ヒーターの温度調節を『中』にして、ベストを着ていたところ、首と腰にカイロを貼っているかのような、ぽかぽかした暖かさを感じました。

首の電熱ヒーター

腰の電熱ヒーター

温もりは背中全体に伝わり、コタツを着ているかのようです。

『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターインナーベスト』は、外で活動する時間が長い人に、ぴったりのベストではないでしょうか。

『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターインナーベスト』の撥水

撥水加工がされている『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターインナーベスト』。電熱ヒーターのような機器が内蔵されているので、水に強いというのはメリットですね。

ボトルに入れた水を、ベストにかけてみました。

水は表面を滑り落ちて、留まる様子はありません。ちょっとした雨や泥ならば、付着しにくいでしょう。

注意点は、ニット仕様になっている脇部分に、撥水機能はないこと。中まで水が染み込んでいました。

撥水機能はサポート程度だと考えたほうがよさそうです。

『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターインナーベスト』の反射材

『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターインナーベスト』には、右肩の後ろに反射材が付いています。

部屋を暗くして、照明を当てながら撮影しました。

『WindCore』のロゴが光を反射し、きらきらと輝きます。反射材は視認性を高めるので、夜間時の安全面に考慮した作りになっていますね。

『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターインナーベスト』の2WAY仕様の襟

『Wind Core(ウィンドコア) ヒーターインナーベスト』は、襟を2WAYで楽しめるそうです。

まずは襟を立てた、通常のスタイルで着ました。

通常の襟

次は襟を倒した、ノーカラーのスタイルです。

襟を倒したノーカラー

小さな変化ですが、印象は違っていますね。ノーカラーのスタイルなら、重ね着をしても、きれいにまとまるので、コーディネートに合わせて楽しみましょう。

ワークマンのベスト コスパに優れた機能的な商品ばかり

ワークマンのベストは、低価格とは思えないほど、たくさんの機能が付いていました。タウンユースだけではなく、釣りやキャンプなどのレジャーにも活用できそうです。

ベストの種類が豊富なワークマンなら、用途に合った商品が見つかることでしょう。

ワークマンはベスト以外にも、防寒性能の高いウェアを多く取り扱っています。保温性・防水性・耐久性などの項目から、防寒着のランキングをまとめているので、気になる人は確認してみてください。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top