grape [グレイプ] entertainment

多部未華子の出身大学は? 高校の同級生に驚き!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

俳優として活躍している多部未華子(たべ・みかこ)さん。

高い演技力と美しいビジュアルで、多くの人を魅了しています。

そんな多部未華子さんの出身大学や学生時代のエピソードなど、さまざまな情報をご紹介します!

多部未華子の出身大学は?

多部未華子さんは、推薦で『東京女子大学現代文化学部コミュニケーション学科(現:現代教養学部心理・コミュニケーション学科)』に入学。

仕事の都合で2年留年していますが、中退することなく無事に卒業しています。

多部未華子さんが高校時代から成績優秀な生徒だったことが分かるエピソードですね。

多部未華子の大学時代が知りたい!

多部未華子さんの大学生活は、とても多忙だったといいます。

朝日新聞デジタルのインタビューによると、仕事が入っている時は朝6時に撮影があり、9時には授業に出席。そして午後の空き時間で取材を受け、授業に出席し、夜はまた撮影というハードスケジュールだったそうです。

頑張って大学生活を続けた多部未華子さんですが、朝の連続テレビ小説の主演が決まったことでさらに忙しくなり、休学。

一時は退学も考えたそうですが、頑張って復学し、6年かけて大学を卒業したといいます。

多部未華子さんは卒業にあたって、自身のオフィシャルサイトで「時間はかかったが、学業と仕事の二足のわらじを履いたことで、見えたこと、もがいたこと、すべてが実となり力となりました」とコメントし、ファンから祝福されていました。

多部未華子の学生時代の親友に「意外!」

多部未華子さんは高校時代、俳優の新垣結衣さんと同じ学校に通っていました。

2人は同級生で、『日刊ゲンダイDIGITAL』によると、3年間いつも昼ご飯を一緒に食べるくらい仲がよかったそう。

新垣結衣さんが仕事で忙しくて授業に出られなかった時には、多部未華子さんがノートを貸してあげたり、分からない問題を教えてあげたりしていたといいます。

また当時、所属事務所の寮に住んでいた新垣結衣さんは、たびたび多部未華子さんの家に遊びに行っていたとか。

2022年現在まで、多部未華子さんと新垣結衣さんが共演した作品はありませんが、ファンの多くが「同じ画面に映る2人の姿を見たい」と願っているようです。

多部未華子の現在・これからは?

多部未華子さんは、2021年12月に公開されたアニメーション映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』で、ボス・レディの日本語吹き替えを担当。

『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』本予告

2022年4〜6月にかけて放送されたテレビドラマ『マイファミリー』(TBS系)では、二宮和也さん演じる主人公の妻・鳴沢未知留役を演じました。

2人は、2007年に放送されたテレビドラマ『山田太郎ものがたり』(TBS系)でも共演しており、多部未華子さんは二宮和也さんとの久しぶりの再会を喜んだようです。

『山田太郎ものがたり』からもう15年も経つのか! と時の早さに驚いていますし、二宮さんとの久しぶりの共演にドキドキしています。

『マイファミリー』は、ハラハラするストーリーではありますが、それだけではなく、家族や愛、友情の物語でもあると伺っていますので、個人的にはそちらの部分もたくさん大切にしていきたいと思っています。

皆様に楽しんでいただける面白いドラマにしたいと思います。頑張ります!!

マイファミリーオフィシャルサイト ーより引用

また、2022年5月に公開された映画『流浪の月』にも出演。同作では松坂桃李さん演じる主人公の恋人・谷あゆみ役に抜擢されています。

『流浪の月』本予告

公式サイトで多部未華子さんは、映画の見どころや撮影の裏話などをこのように語っていました。

とても過酷な環境におかれている主⼈公のお話なのに、どこか温かく純粋で無垢な雰囲気がするとても魅⼒的な脚本だと思いました。

李監督とご⼀緒するのは初めてで、事前に⾊々な噂話を聞いていたので(笑)

⽬を合わせるのも怖い…という印象でしたが、少ない時間の中で⾃分の役者としての何か(それを⾔葉にするのは難しいですがその何か)を得られたら嬉しいと思いました。

監督は、よく下を向いて考え事なのか悩んでいるのか、そういう⽴ち姿をよく⾒ることがあり、その⻑い時間の後になにを⾔われるのかいつもドキドキして、
監督の前でお芝居をすると⾒透かされるというか、嘘がつけないと思うところがたくさんあります。

広瀬さん、松坂さんお⼆⽅とも、全⾝全霊で演じていらっしゃるのを現場にいる佇まいから強烈に感じ取ることができ、本当に⼼から尊敬します。

数少ないシーンで⾕の繊細な⼼情や苦悩を伝えるのが難しいですが、私も頑張ります。

流浪の月オフィシャルサイト ーより引用

この映画の脚本・監督を務めた李相日(リ・サンイル)さんは、多部未華子さんの印象をこう語っています。

初めてお会いした時の、多部さんの聞こうとする力。全神経を張りつめて僕の言葉に耳を傾ける迫力にたじろぐ思いでした。

親しみやすい容貌で、“欲深さ”とは縁遠い印象の多部さんですが、だからこそ、愛する人の心に触れられない焦燥感をどう炙り出してくれるのか興味が尽きません。

撮影中も、唇を結んで、演じる不安とひたむきに格闘する姿を見るにつけ、彼女の誠実さを感じずにはいられませんでした。

流浪の月オフィシャルサイト ーより引用

プライベートでは2021年夏に第1子を出産し、幸せいっぱいな様子の多部未華子さん。

これからも日本を代表する俳優として活躍し続けてほしいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』本予告 12月17日(金)全国ロードショー@myfamily_tbsマイファミリーオフィシャルサイト『流浪の月』本予告/5.13公開流浪の月オフィシャルサイト朝日新聞デジタル日刊ゲンダイDIGITAL

Share Tweet LINE コメント

page
top