grape [グレイプ] entertainment

「黒柳徹子が100歳になったら?」 20代前半の写真と共に公開した理由がステキ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

提供:産経新聞社

83歳になった現在も、テレビをはじめとするさまざまな舞台で活躍する黒柳徹子さん。

2016年になって開始した、若者に人気のInstagramもほぼ1日に1回更新しています。

そんな黒柳さんが自身のアカウントで、100歳になった黒柳徹子を公開し、注目を集めています。

100歳になった黒柳徹子と20歳前半の貴重写真

NHKで放送された、黒柳さんの自伝的ドラマ『トットてれび』。満島ひかりさんが、黒柳さんを演じ、「まるで生き写しのようだ」と反響を呼びました。

このドラマに、時報のお婆さん役と駄菓子屋さん役で出演していた黒柳さん。

この時、「100歳になった黒柳徹子」をテーマにした姿で登場していたのですが、自身のInstagramで改めて、その写真を公開しました。

そして、なぜ100歳の姿で登場したのか…その理由を明かしたのです。

この写真は特殊メイクで、100歳になった私です。

『トットてれび』では、時報のお婆さんと駄菓子屋さん。昔、まだNHKにいた頃、当時は100歳まで生きるのは大変なことだったから、「私が100歳まで生きたらNHKの7時のニュースの『ポン、ポン、ポン、ポーン』と言う時報の横にお座布団敷いて座り、毎日、生出演する。

で、ある日姿を消したら「あー死んだんだ」と思って欲しい」というアイデアを、その頃のNHKのプロデューサーに話したら、いたく喜んで「やりましょう!」と約束したのに、その人はもういない。

その気持ちを覚えていたので、『トットてれび』で、その約束を果たした。

Instagram ーより引用

今は亡き、プロデューサーとの約束を果たすためだった…

この写真が公開されると、黒柳さんのカッコ良い生き様を称賛する多くのコメントが寄せられます。

  • ステキ!私も徹子さんみたいに歳を重ねたい
  • 1日の終わりに黒柳さんの投稿を見るとほっとする
  • きっとプロデューサーさんも天国で見ていますよ

前日には20代の頃に撮影された貴重な写真も公開した黒柳徹子さん。

鼻にマイクを当てているのは「忙しかった当時、撮影の合間にマイクで頭を支えて、よく休んでいたから」なんだとか。

80歳を過ぎても相変わらず精力的に活動する黒柳徹子さん。

これからも、まだまだ元気な姿を見せ続けてください!

出典
tetsukokuroyanagi

Share Tweet LINE コメント

page
top