grape [グレイプ]

突然始まったライブに唖然とする客 しかし、演奏者を見るとたちまち笑顔に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

元ビートルズのメンバーとして絶大な人気を誇り、解散後もソロで精力的に活動している、イギリス出身のミュージシャン、ポール・マッカートニー。

2017年に東京ドームで行われたソロコンサートがソールドアウトの日も出るなど、いまなお高い支持を得ています。

そんなポールが生まれ育った地を訪れ、バーでゲリラライブをした際の動画が話題を呼んでいます。

このゲリラライブは、アメリカの人気TV番組『ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームス・コーデン』の企画の1つとして開催されたもの。

当然ながら、何も知らされていなかったバーの客は、突然始まった演奏に唖然。しかし、ポール本人だと分かるとたちまち笑顔に変わります。

さらに、ビートルズ時代の名曲『ア・ハード・デイズ・ナイト』や『オブラディ・オブラダ』、さらに『ラブ・ミー・ドゥ』など、ヒットソングメドレーに徐々に熱を帯びていく店内。

最後には、ポールの演奏を聞きつけた人たちもバーになだれ込み、大人数で『ヘイ・ジュード』を大合唱。

こんな間近でポール本人の生ライブを観られる機会は滅多にありません。日本公演でいうと超プレミアがつくほどの席です。

運よくその場にいあわせた人たちが、うらやましいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
Paul McCartney Carpool Karaoke

Share Tweet LINE コメント

page
top