grape [グレイプ]

『沖縄基地問題の発言』で批判されたローラ 高木美保のコメントに「まさにそれ」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

沖縄県で行われている、アメリカ軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設工事。埋め立て予定地への土砂の投入に反対する声が相次ぎ、問題となっています。

2018年12月20日に放送された情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)では、普天間基地移設問題について特集。

タレントのローラさんが、自身のInstagramで辺野古への移転に反対する署名を呼びかけた件を取り上げました。

ローラさんといえば、『天然な発言』と愛らしいビジュアルで若い年代に人気の女性タレント。同月18日、ローラさんはInstagramを使い、このような投稿をしました。

「We the people Okinawa」で検索してみて。美しい沖縄の埋め立てをみんなの声が集まれば、止めることができるかもしれないの。

名前とアドレスを登録するだけでできちゃうから、ホワイトハウスにこの声を届けよう。

ローラさんが紹介したのは、「30日以内に10万筆以上の署名が集まることで、アメリカ政府から何らかの回答を得ることができる」という、普天間飛行場の移転工事を反対する署名サイト。

フォロワーが500万人を超えるローラさんのアカウントで紹介された結果、多くの人から署名が集まったのです。

『政治的発言』で非難集まるローラに、高木美保が称賛

しかし、世間ではローラさんの言動に対し、「これを理由に仕事がなくなるのでは」「あんな発言をして大丈夫なのか」といった声も。

また、ネット上では芸能人が政治的な発言をすることに対し非難する声も上がりました。

今回の件を受け、コメンテーターとして出演しているタレントの高木美保さんはこのように述べます。

そろそろ日本もやっぱり有名人とかね、芸能人とかの政治的発言はタブーっていう、その発想を変える時代なんじゃないかと。

つまり、インターネットで今回のもそうですけど、世界と繋がるわけですよね。「世界の中で、日本だけが鎖国状態になる考えかたでいていいのかな」と思うし。

政治的発言は別に「政治家を倒そう」とかいうことではなくて、「この国をよくしたい」それから「政治家にもよくなってもらいたい」…そういう純粋さを、私はローラさんから感じるんですね。

羽鳥慎一モーニングショー ーより引用

「芸能人の政治的な発言をタブー視するのは、やめるべき」…高木さんは、ローラさんに非難の声が上がる現状に疑問を覚えたようです。

続いて、ローラさんの言動から感じたことについて、このようにコメントしました。

それから、ローラさんの今度の発言は「辺野古の自然を守りたい」っていうメッセージだけではなくて、もう1つの大事なメッセージとして「自分が勇気をもっていうべきこと、伝えたいことをちゃんと伝えようよ」「ハッピーに伝えようよ」って。

「それはとっても自分を強くするし、幸せな気分にするよ」っていうことを伝えているわけで、1つは環境のため、1つは生きかたを…パワーをみんなに注入してるっていうのかな。両方の…私は素晴らしさがあると思っていて。

羽鳥慎一モーニングショー ーより引用

今回の出来事について、最後に「私はもう拍手喝さいですね」と評した高木さん。

高木さんによるローラさんを擁護する発言に、ネット上では多くの人から反響が上がっています。

・年配男性の芸能人で政治的な発言をしている人は少なくないのに、なぜローラだと叩かれるの?

・高木さん、いいぞ!政治のことだけ口をつぐむなんて、おかしな話。

・ハリウッドスターは授賞式でも政治的な発言をしてるのに、なんで日本だと批判されるんだろう…。

・普段は『天然』『おバカ』なイメージのローラだから、政治に口を挟まれるのが気に食わない人がいるのかもね。

同年8月には「子どもたちや動物のために、自分ができること」として、ユニセフへ1000万円を寄付したローラさん。また、Instagramでは動物愛護や環境問題について呼びかける投稿をしています。

ローラさんのように若いファンがつく芸能人が問題提起をすることで、多くの人に『気付き』を与えるキッカケになるのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
羽鳥慎一モーニングショーrolaofficial

Share Tweet LINE コメント

page
top