grape [グレイプ]

「さすが」「涙が止まらない」 首里城火災を受け、JALが…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年10月31日、沖縄県那覇市にある世界遺産『首里城』で火災が発生。正殿、北殿、南殿などを含む6棟が焼失したといいます。

地域住民はもちろん、世界中からショックや悲しみの声が寄せられています。

JALが首里城火災に、支援実施を名乗り出る

同年11月1日、航空会社『日本航空』(以下、JAL)は、首里城被災にまつわるさまざまな支援を実施することを発表。

2019年10月31日未明に発生した火災により、世界遺産にも登録されている沖縄のシンボル首里城の大部分が焼失する甚大な被害が出ました。多くの皆さまが心を痛めておられることと存じます。JALグループ社員一同、心よりお見舞い申し上げます。

JAPAN AIRLINES ーより引用

JALは支援金として、首里城の復元に向け、沖縄県にて開設準備が進められている『寄付金口座』へ1千万円を寄付。

さらに、JALチャリティ・マイルによるマイル寄付の募集を受け付けることを発表しました。

具体的には、JALマイレージバンク会員に向けてマイルの寄付を呼びかけ、寄せられたマイル寄付相当額を寄付するとのこと。

JALの心からのお見舞いや支援金の寄付、一部会員に向けたマイルによる寄付の募集といった活動に対し、世間では称賛の声が上がっています。

・さすがJAL!ありがとうございます。

・首里城は沖縄のシンボルです。JALの温かい支援に、涙が止まりません。

・マイルをこういった用途に使うのは、公共性があってすごく素敵だと思う。

マイルによる寄付募集はJALの特設ウェブサイトで行われ、1口3千マイル(日本円で3千円相当)から受け付けるといいます。

特設ウェブサイトの公開は11月7日17時からで、マイルによる寄付の受付期間は、11月7日の17時から12月22日の23時59分までです。詳しくはこちらをチェックしてください。


[文・構成/grape編集部]

出典
JAPAN AIRLINES

Share Tweet LINE コメント

page
top