grape [グレイプ]

「実はダジャレだって知ってた?」火消しが持ってる『謎の棒』の由来

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

時代劇で、火事のシーンなどに登場する『火消し』と呼ばれる人たち。

その火消しが持っている棒の呼び名をご存知ですか?

纏(まとい)と呼ばれる旗印の一種で、火災の現場では「消火活動の象徴」といった意味合いと共に、仲間たちを鼓舞するために使われました。

この纏を持つ者は「纏持ち」と呼ばれ、憧れの対象であったとも言われています。

そんな纏に関するツイートが注目を集めています。

「なんというネーミングセンス!」

多くの人を驚かせた火消しが持つ『纏』のルーツとは、どういったものなのでしょうか。

「江戸時代の人は粋だったんですね!」

出典
@sandwichiham東京消防庁

Share Tweet LINE コメント

page
top