grape [グレイプ]

沖縄基地について質問されたDA PUMPのISSA  返答に「おっしゃる通り」「素晴らしい」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

『if…』や『ごきげんだぜっ!』などの代表曲をもつ、ダンス&ヴォーカルグループ『DA PUMP』。

2018年6月にリリースされた、3年半ぶりの新曲『U.S.A』は大ヒットを記録し、ユーロビート調の曲と振り付けが幅広い世代に流行しています。

同年10月8日に放送された情報番組『ニュースウォッチ9』(NHK系)にゲスト出演した、ボーカルのISSAさんの発言が話題になっています。

沖縄基地の近くで育ったISSAの言葉に、称賛の声

大ヒットした『U.S.A』について、ここまでヒットするとは思っていなかったと話し、嬉しさをあらわにするISSAさん。

『U.S.A』はタイトルの通り、アメリカについて歌われた楽曲です。

番組では、歌詞の「数十年で関係だいぶ変化したようだ」「だけれど僕らは地球人 同じ星の旅人さ」「競合してく ジパングで」「ユナイテッド(団結)する 朝焼け」といった部分に注目します。

歌詞に込められた思いについて質問されたISSAさんは、こういいました。

あの、実際自分の地元が沖縄の沖縄市っていう嘉手納基地のすぐ横なんですけど、実際にそういうふうに過ごしてきて、アメリカの文化に憧れた部分もすごいあって。

で、それからダンスやそういったカルチャーに触れて行ったので、まさにこのへん(歌詞)は、自分のちっちゃいころをいっているようなもので。

そっからやっぱり進んで進んで日本もすごく発展して、いい国になっていくにつれ、やっぱりいろんな外国のかたもいらっしゃいますし、その中でやっぱ競合していくっていうのは、非常に大事だと思うし。

逆にこう、むこうの文化を継承して僕らみたいな育っている人たちからすると、逆に『恩返し』じゃないですけど…むこうの人たちに見てもらいたいって思ったりもするので。

ニュースウォッチ9 ーより引用

「アメリカの文化がなければ、自分たちはいなかった」…そのことに感謝し、恩返しをする気持ちでこの楽曲を歌っていると話すISSAさん。

しかし、沖縄とアメリカと聞いて、米軍基地問題を思い浮かべる人は少なくないでしょう。

終戦後から長年続いている基地問題は、現在もなお現地住民の間では深刻な問題です。

米軍基地は沖縄本島のおよそ15%の面積を占めており、基地の撤退や縮小を望む現地住民も少なくないといわれています。

基地問題についての考えを聞かれたISSAさんは、嘉手納基地の近くで育った沖縄県民の1人として、個人の意見を述べました。

やっぱりおじいちゃんおばあちゃんとか、その前の世代のかたのお話を聞くと、やっぱりつらく、苦しい経験をされたかたもいっぱいいますけど。

僕らでいうと僕が4分の1アメリカの血も入っているので、僕がやっぱり、そういうことをいえる立場ではないっていうのと、でもやっぱり共存していくことが唯一その何も争いもなく、町が栄えていく方法の1つなんではないのかな、と思って。

ニュースウォッチ9 ーより引用

ISSAさんは祖父がアメリカ人ということもあり、「自分はこの問題に何かをいえる立場ではない」と考えていると発言。

そして日本とアメリカがうまく共存していくことこそが、これから先、沖縄が栄えていく1つの方法ではないかとコメントしました。

基地に反対するデモが連日行われている沖縄について、理解し、共存していく可能性を説いたISSAさん。ネット上では、ISSAさんの発言に対し、いろいろな意見が上がっています。

・戦後生まれの素直な思いの発言って感じで、好印象でした。

・この発言で、一部の人からISSAが叩かれないか心配…。

・確かに、俺が生まれた時から近くに米軍基地があって、共存してたからなあ。

・ISSAさんは、1つの見かたに囚われない人なんだろうなあと思った。

・誰も傷つけないよう、すごく言葉を選んでいるのが伝わった。

また、「曲の話をしているのに、突然基地問題について質問するのはどうなの?」といった、番組の流れを疑問視する声も。

ISSAさんが沖縄出身として、こうして冷静に意見を述べたのは、素晴らしい対応だったのではないでしょうか。

これから先、基地問題がどうなるのかは誰にも分かりません。また、多くの人が納得する『正解』にたどり着くには、多大な時間を要することでしょう。

ISSAさんがいうように、解決に向かうまではうまく共存していく方法を探すのも、1つの選択肢ではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
ニュースウォッチ9

Share Tweet LINE