grape [グレイプ]

日本各地の『魚介料理』に食欲が止まらない!130店舗が集まるお魚祭り!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

カキ、カニ、あん肝鍋!冬は魚介類がおいしい季節です。

おいしい魚介類を思う存分漫喫できる、天国のようなイベントが、代々木公園で開催されます!

全国の魚介料理が、代々木公園に集合!

日本各地の魚介料理やご当地メニューが大集合する食の祭典『第1回 SAKANA & JAPAN FESTIVAL 2019(略称:魚ジャパンフェス2019 )』が、2019 年3月1日(金)~3日(日)の3日間、代々木公園で開催されます。

このイベントは、毎年11月に日比谷公園で開催されている、日本最大級の魚介料理イベント『ジャパンフィッシャーマンズ フェスティバル(以下、JFF)』のスピンオフイベトとして今年初めて開催されるもの。

JFFの様子

スピンオフとはいってもその規模は侮れません。総勢約65ものブースが出店し、約130種のメニューを取り揃えています。

出展ブースの中でも、特に注目したいブースをご紹介します!

魚介最高!おいしそうなブースに目移り…

北海5種盛海鮮丼(北海道)

この一皿で海の幸を満喫できる人気メニュー『北海5種盛海鮮丼』。北海道産のイクラ、ウニ、サケ、カニ、ホタテの5種類をふんだにのせた丼ぶりです。

魚介好きなら、1番に食指が動く王道中の王道。何も考えず豪快にかき込みましょう!

うにコロッケ(東京都)

新鮮なウニを使った、リッチな『うにコロッケ』。ウニの塩気とほくほくポテトの相性は抜群!ウニのあま味とうま味を堪能するため、まずはソースをつけず、そのまま食べてみてくださいね。

あんこう肝鍋(宮城県)

JFFで、毎回大人気の『あんこう肝鍋』。"海のフォアグラ"の異名を持つ、アンコウの肝のみを贅沢に使用し、地元農家が生産した長ネギと無添加の麹味噌で合わせています。

濃厚な味わいに、病みつきになってしまう人が続出です。日本酒が進みそうです!

うに貝焼き(福島県)

ウニの身をハマグリの殻に盛って蒸し焼きにした、福島県いわき地方に伝る郷土料理『うに貝焼き』。 火を通すことでさらにあま味が増し、ウニのうま味をダイレクトに堪能できます。

さんまのポーポー焼き(福島県)

サンマ船上で生まれたといわている、福島県いわき地方の漁師飯『さんまのポーポー焼き』はサンマのすり身と味噌、薬味をあわせて焼いたもの。脂がのって、ふっくらジューシーなおいしさです。

限定販売の特製弁当

東京メトロの主要駅に設置されているフリ ーマガジン 『メトロポリターナ』と石川県金沢市の人気料亭『十月亭』がコラボレーションした特製弁当『ぶりが大きい海鮮玉手箱』が、2018のJFFに続き登場します。

昨年のJFFでは、毎日完売だったこちらのお弁当。各日限定50食なので、気になる人は早めにチェックしてみてください。

このほかにも、豪華な海鮮丼や、魚介出汁のラーメンなど、紹介しきれない絶品魚介料理が盛りだくさん!

週末は、お腹をペコペコにして、代々木公園に出かけてみてはいかがでしょうか。

第1回 SAKANA & JAPAN FESTIVAL 2019

日付:2019年3月1日(金)~3日(日)の3日間
時間:3月1日(金)11:00~21:00
3月2日(土)10:00~21:00
3月3日(日)10:00~18:00
会場:代々木公園 イベント広場(渋谷区代々木神南2-3)
入場料:無料(飲食代別途)


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top