grape [グレイプ]

缶ビールで『泡ひげ』が!最新の家用『サーバー』が、想像をはるかに超えている

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

・何これー!缶から泡!?すごい!

・既に予約した。楽しみすぎる~!

・ビール飲みたくなってきた…!早く試したい。

おいしいビールに欠かせない、良質な泡にこだわっている『ザ・プレミアム・モルツ』(以下、プレモル)。

プレモルならではの素材・製法・注ぎ方によって実現した、クリーミーできめ細やかな泡は『神泡』と呼ばれ、多くのビールファンを夢中にしています。

この『神泡』を自宅でも愉しめるようにと、2018年に開発された、家庭用ビールサーバー『神泡サーバー』は、SNS上でも話題になりました。

従来の手動SS式神泡サーバー

そんな『神泡サーバー』が驚きの進化を遂げ、これまで以上に手軽に『神泡』をつくれるようになったのだとか!発売開始前から、期待の声が高まっています。

缶から直接泡が…!画期的な『新型電動式神泡サーバー』

進化した『新型電動式神泡サーバー』の一番のおすすめポイントは、缶から直接泡を注げるようになったこと。

これまでの『神泡サーバー』は、缶の飲み口に取り付けて、サーバーの内部を通って泡がつくられていました。

一方、『新型電動式神泡サーバー』は缶の胴体に取り付けて使用するので、1秒に4万回振動する超音波が直接缶に作用し、きめ細やかな泡をつくります。

毎回ケース買いするほど、ビールが大好きな私。『新型電動式神泡サーバー』のサンプルを借りることができたので、さっそく試してみることにしました!

使い方は簡単

まずは『新型電動式神泡サーバー』を、よく冷やしたプレモルの缶に取り付けます。

最初は泡を立てないように、グラスの7分目まで静かにビールを注ぎます。

次に、グラスを平たな場所に置き、缶を傾けた状態でサーバーのスイッチを押すと、「シュワシュワシュワ…」と中から超音波によって泡が作られている音が聞こえてきます。

シュワシュワシュワという音を確認したら、スイッチを押したままグラスに注ぎます。すると…。

缶からとろりと出てきたのは、クリーミーでなんともおいしそうな泡!

グラスにいっぱいになるまで泡を注いだら、『神泡』プレモルのできあがりです。

泡を後乗せすることによって、こんもりときれいに注ぐことができます。

特別なテクニックもいらず、簡単にきめ細やかな泡のビールがつくれて驚きでした!

泡ふわっふわ!

ひと口飲んでみると、泡がとてもクリーミーで、口元に『泡ひげ』ができちゃうほど!店で出てくる生ビールと変わらないおいしさです。

泡には、ビールの口あたりをよくするだけでなく、炭酸が抜けるのを防ぎ、コクや香りを引き立てる役割もあるんですよ。

『新型電動式神泡サーバー』で注いだビールは泡持ちもよく、缶から直接飲むよりも、麦やホップのコクや香りをしっかりと感じました。

サーバーにビールが付いてしまった時は、軽くふくだけでいいので、お手入れもラクラクです。持ち運びもでき、どこでも気軽においしいビールが楽しめます!

どこで入手できるの?

こちらの『新型電動式神泡サーバー』。なんと、2019年3月19日から店頭で発売される12缶特別パックを買うと、おまけで付いてきます!

また24缶(1ケース)を購入すると、サーバーに加え、泡持ちがよくなるコーティングがされた『こだわりグラス』もセットでもらえますよ。

左:12缶 右:24缶

もうすぐお花見の季節。『新型電動式神泡サーバー』があれば、家飲みだけでなく、飲み会の場も一層盛り上がりそうですね!

数量限定発売なので、興味のあるかたはお早めにチェックしてみてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top