grape [グレイプ]

赤ちゃんを殺したくない女子高生、しかし教師は 『JKと捨て子の赤ちゃん』(32)

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

漫画家の反転シャロウ(@sharoh_hanten)さんの創作漫画『JKと捨て子の赤ちゃん』。

橋の下で捨てられていた赤ちゃんを見つけた女子高生の桃子が、『第2の母』として育てることを決意します。

第51~54話では、「留学したという事実はなかった」という神崎先生の言葉に動揺した若葉。

第55、56話では、神崎先生の言葉の続きから物語がスタートします。神崎先生に留学のウソがバレたわけではないと安堵したのですが、おびえた若葉は朝倉先生を説得して警察に自首しようとします。

しかし、朝倉先生は事態の発覚をよしとはしませんでした。

『激怒』

『母親の資格』

若葉との間に子どもができたことを知られたくない朝倉先生。

警察に出頭しようとする若葉にキレ、酷い言葉で罵倒します。

母親に構ってもらえなかった幼いころの記憶がよみがえり、涙する若葉。

すると、チャイムを鳴らす人物が。ドアの向こうにいるのは、朝倉先生の後をつけていた桃子なのでしょうか。

若葉が朝倉先生の元から抜け出し、自分が正しいと思う行動を取ることができるのか…続きが気になりますね!

『JKと捨て子の赤ちゃん』の単行本が発売中!

『JKと捨て子の赤ちゃん』の単行本第2巻が、2018年8月25日に発売されました!

描き下ろしは神崎先生の過去のエピソード。気になる人は、ぜひお手に取ってご覧ください。


[文・構成/grape編集部]

出典
@sharoh_hanten

Share Tweet LINE コメント

page
top