grape [グレイプ]

元『カリスマキャバ嬢』が保育士に転身 その理由に「素晴らしい」「頑張って!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年3月20日、タレントの立花胡桃(たちばな・くるみ)さんがブログで『第二の人生』という記事を公開しました。

立花さんは18歳のころから8年間キャバクラで働き、のちにタレントへ転身。『カリスマキャバ嬢』『伝説のキャバ嬢』として、幅広く活躍をしてきました。

そんな立花さんが、2019年3月いっぱいでの芸能界引退を宣言。その理由に、ネット上から称賛の声が相次いでいます。

元『カリスマキャバ嬢』立花胡桃が保育士へ転身

この日のブログで、保育士に転身することを明かした立花さん。

キャバクラ勤めから芸能界。そして保育士という珍しい転身について、立花さんはこのように理由をつづっています。

私は今まで華やかな世界にいましたが子どもたちと砂場遊びをしたり、泣いている子どもをあやしたり、赤ちゃんにミルクを飲ませたりする方が幸せを感じます

そういった保育士として子どもの発達に寄り添いたい思いと、もう一つ、子どもの虐待に向き合っていきたいという思いがあります

最近のニュースでも、辛くて見ていられない聞いていられない程の残酷な子どもの虐待死がありました

こんな辛いニュースをただ聞いているだけしか出来ないのか…私にも出来ることがあるんじゃないか…行動すべきじゃないか…とずっともどかしい思いを持ってきました

立花胡桃オフィシャルブログ ーより引用

ニュースや新聞で報道される、痛ましい虐待事件の数々。立花さんはそういった話題を耳にするたびに「私に何かできないだろうか」と考えていたといいます。

立花さんは、8歳になる息子さんを育てるシングルマザーです。子を持つ身として、幼い子どもを親が傷付けてしまう事件に心を痛めていたのでしょう。

続いて、立花さんは支援している児童養護施設についても触れました。

私には8歳の息子がいますが、息子が生まれた年からある児童養護施設に支援をさせて頂いています

中々時間がなくて浅い付き合いになってしまっていますが、これからはもっと関わりを持っていきたいです

年末に今までお世話になった事務所に自分の思いを伝えて、番組でお世話になっているmxの局長さんともお話をしました

皆さん今後の収入や生活のことを凄く心配してくれて本当に暖かい言葉をかけて下さいました

心から感謝しています

立花胡桃オフィシャルブログ ーより引用

労働環境の過酷さや低賃金などが原因で、現代日本では保育士不足が深刻な問題となっています。託児所に子どもを預けることができず、仕事に復帰することができない親は少なくありません。

立花さんは投稿の最後に「保育士の収入が低いことも、重労働なことも理解しています。不安もありますが、やる気でいっぱいです」と、保育士という仕事への覚悟や、未来への希望をつづりました。

立花胡桃の『セカンドキャリア』に称賛の声

ネット上では立花さんの決意を称賛する声や、今後の活躍を応援する声が続々と上がっています。

・何に対してもバイタリティが高くて尊敬する。頑張ってほしい。

・やっぱり、頂点まで上り詰めた人は中途半端では終わらないんだと思う。

・胡桃さんなら、保育士を経ていつか経営する側になってくれそう。

・37歳で専門学校に通い始める覚悟がすごい!応援したいです。

しかし、キャバクラなどのいわゆる『水商売』に対し、偏見を持つ人は少なくありません。

中には「元キャバ嬢が子どもに関わるなんて」「保育士はそんなに甘い仕事じゃない」といった厳しい意見もありました。

キャバクラで『カリスマ』の座をつかみ、芸能界で女優や作家として幅広く活躍することができたのは、立花さんの実力や努力があったからこそ。

保育士というセカンドキャリアでも、きっと持ち前の根気強さを活かしてくれることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
立花胡桃オフィシャルブログ

Share Tweet LINE コメント

page
top