grape [グレイプ]

中元日芽香の現在は? 乃木坂46を卒業した後の活動に「頑張ってほしい」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ゆかりある乃木神社で成人式をおこなった乃木坂46の中元日芽香

アイドルグループ『乃木坂46』のメンバーとして活躍していた中元日芽香(なかもとひめか)さん。

『ひめたん』の愛称で親しまれ、その明るいキャラクターで多くのファンを元気付けました。

そんな中元日芽香さんの乃木坂46からの卒業や、その後の活動についてなど、さまざまな情報をご紹介します!

中元日芽香が卒業 ラジオ番組で語ったことは

中元日芽香さんは、2017年いっぱいの活動をもって乃木坂46を卒業しました。

同年11月19日に、自身がアシスタントを務めたラジオ番組『らじらー! サンデー』(NHKラジオ)に生出演。卒業への想いを明かしています。

この日の放送は、中元日芽香さんが出演する最後の回ということで、冒頭から番組パーソナリティのオリエンタルラジオ・中田敦彦さんが「伝説の回になる」と豪語。中元日芽香さんとのエピソードを振り返り、番組を盛り上げます。

番組の後半では、中元日芽香さんのファンからのメールを紹介。「毎回、放送を楽しみにしていました」「卒業おめでとうございます!」「本当にさみしい」という声が寄せられました。

特に「ひめたんは私にとって1番のアイドルです」というメールに、中元日芽香さんは心打たれたようで、「嬉しい言葉です…」と感慨深そうな様子。喜びをこう表現します。

私はアイドルでいたかったから、本当に。

だからこう、みなさんに「僕にとって1番のアイドルだよ」とか、「最初は興味なかったけど、アイドル応援していてよかった」っていわれると、私もアイドルとして「よかったな」と思いますし、これからも推しのアイドルが見つかるのであれば、アイドルのことを応援してほしいなって思いますし。

その入口が私であったことは嬉しいですね。

らじらー! ーより引用

中田敦彦さんの「なんでアイドルとしてそんなに頑張れたの?」という質問には、言葉を選びながらこのように答えました。

私はアイドルになりたかったから、夢が叶っているわけじゃないですか。

それってすごく幸せなことで、だからこそアイドルって、ずっとやってる人もいますけど限られた時間みたいなものがあるから、その中でできることを精一杯やっていきたいし。

自分が輝くってことも大事だけど、周りの人がなくては成り立たないから、そういった意味で握手会もすごく楽しかったし、関わってくださるスタッフさん一人ひとりとかも本当、家族みたいな存在ですし。

自然に大切にしたいなって思う人たちと出会えたので、すごくよかったと思います。夢を見させてもらいました。

らじらー! ーより引用

番組の最後にはオリエンタルラジオの2人から、花束と感謝の言葉が贈られます。

中元日芽香さんは涙ぐみながら「この6年間、たくさん夢を見させていただいて、すごく幸せな時間だったなと思います」と、自身のアイドルとしての活動を締めくくっていました。

中元日芽香は現在、心理カウンセラーとして活躍中

中元日芽香さんは現在、心理カウンセラーとして活動しています。

2018年11月に公式サイトを開設。このように挨拶しました。

この度、公式HPを開設しました。
これから心理カウンセラーとして活動します。
中元 日芽香(なかもとひめか)です。

昨年まで乃木坂46の一員としてアイドル活動をしていましたので、私のことをご存知の方もいらっしゃると思います。

卒業から一年。次にやりたいことを見つけて、一から勉強し、形になりました。

こうしてお知らせすることができて、まずはほっとしています。

悩んでる人たちにそっと寄り添う存在になりたい。それから、メンタルヘルスの正しい知識をもっとたくさんの方に知ってもらいたい。

贅沢ですが、今の私ならどちらの望みも実現できるのではないか?そう思ったのです。

アイドルとして、メディアに出演したり誰かに楽しんでもらうお仕事を経験しました。誰もができることではないと思っています。私の財産です。

そして、若いカウンセラーはあまり聞きません。22歳の私だからこそ応えられることがあると思います。必要としてくれる人が必ずいると信じています。

いずれは専門分野を絞って、それに特化したセッションを行うようになりたいと考えています。

今の私にできるのは「入口」になること。

カウンセリングに興味を持ってもらう、体験してもらう。 そうやって広めていきたい。

中元日芽香オフィシャルサイト ーより引用

「悩んでる人たちにそっと寄り添う存在になりたい」と、強い決意を語った中元日芽香さん。同年12月から、本格的にカウンセリングをスタートしています。

多くの人から申し込みが入っているといい、その大半は学生だそう。

中元日芽香さんはこの状況に「同世代ということで、頼りにしていただけるのかな」と語りました。

その後も中元日芽香さんは、ブログで定期的に状況を報告。2019年3月5日の投稿では、カウンセリングをした感想についても語っています。

実際に対面した方とは、いろんな感情を共有しました。不安、疲れ、悔しさやもどかしさ。言葉にならないモヤモヤ。

そのようなお話を聞いていると、いつも頑張っていらっしゃるんだなぁと。
そのままゴミ箱が空っぽになるまで吐き出して、いらない荷物を少しでも軽くしてほしいと思います。

安らぎを分けていただくこともあります。終わる時のスッキリとされた表情や、セッション後の嬉しいお言葉。
その一つ一つが私の励みになります。

中元日芽香オフィシャルサイト ーより引用

若い世代にカウンセリングが好評ということで、中元日芽香さんは兵庫県の甲子園大学で行われた心理学に関するイベントに参加。

「心理学部への進学を考えていらっしゃる方が多いのではないかと思ったので、私が心理学を学んでどのように感じたか、などをお伝えしました」といい、臨床心理士の資格を持つ甲子園大学教授と会話する中で、「私自身も勉強になりました」と語っています。

中元日芽香さんの心理カウンセラーとしての活躍に、「カウンセリングを受けたい」「ひめたんみたいな有名人がこういう活動を行うことで、カウンセリングが一般的なものになってほしい」といった声が上がっていました。

乃木坂46を卒業し、新しい舞台で活躍を始めた中元日芽香さん。これからはカウンセラーとして、多くの人に元気を与えてくれることでしょう。

中元日芽香 プロフィール

生年月日:1996年4月13日

出身地:広島県

血液型:O型

身長:161cm

所属事務所:乃木坂46合同会社

2011年に、乃木坂46の『1期生オーディション』に合格。乃木坂46の1stシングル『ぐるぐるカーテン』のカップリング曲『左胸の勇気』『失いたくないから』でCDデビューを果たした。2015年4月からはラジオ番組『らじらー! サンデー』(NHKラジオ)でアシスタントを担当。2017年に体調不良を理由に乃木坂46を卒業した。現在は心理カウンセラーに転身し、活躍している。


[文・構成/grape編集部]

出典
中元日芽香オフィシャルサイト@nogizaka46らじらー!

Share Tweet LINE コメント

page
top