grape [グレイプ]

遊井亮子が番組で明かした恋愛・結婚観に驚き! 「玄関開けた瞬間に…」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ドラマ『みこん6姉妹2』の会見に出席した遊井亮子 2008年

女優として活躍している遊井亮子(ゆういりょうこ)さん。

いまや名バイプレイヤーとして、数えきれないほどのドラマに出演し、男女問わず多くの人から支持されています。

そんな遊井亮子さんのツイッターや、番組で明かした驚きの恋愛観など、さまざまな情報をご紹介します!

遊井亮子に「昔と変わらずかわいい!」の声

遊井亮子さんはツイッターを頻繁に更新しており、フォロワーはおよそ1万7千人と人気。

共演者とのオフショットや、プライベートでの写真などが数多く投稿されています。

写真を見た人からは「昔と変わらずかわいい!」「若い頃からずっと綺麗」といったコメントが多く寄せられています。

『遊井亮子』の出演作品を探す

遊井亮子 「永野芽郁に似てる!」と話題

遊井亮子さんは、「永野芽郁(ながのめい)さんに似てる!」とたびたび話題になります。

ネット上には、こんな声が。

・永野芽郁さんって遊井亮子さんに似てる。

・遊井亮子さんが誰かに似てるなと思ったら、永野芽郁さんだ!

永野芽郁さんは、これまでに『nicola』や『Seventeen』など、数々のファッション雑誌で専属モデルを担当。

その一方で、女優として連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)やドラマ『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)、映画『君は月夜に光り輝く』など、数多くの映画やドラマにも出演しています。

実際に2人の写真を比べてみると…。

確かに雰囲気が似ているかもしれません。

永野芽郁さんについて詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

遊井亮子 番組で驚きの恋愛・結婚観を暴露

2019年3月14日放送のトークバラエティ番組『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に、遊井亮子さんが出演。その中で、変わった恋愛観を暴露する一幕がありました。

この日、遊井亮子さんは「彼氏が家に来た瞬間『この人いつ帰ってくれるんだろう?』と考える女優」と紹介された後、スタジオに登場。

番組のサブMCを務めるお笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太さんが、「せっかく彼氏が来てもすぐ帰ってほしくなっちゃう?」と質問すると、遊井亮子さんはこう答えました。

そうですね。玄関開けた瞬間に「どのくらいでこの人帰ってくれるんだろう」って。

アウト×デラックス ーより引用

さらに「夕飯を食べたら帰ってもらいたい」と話す、遊井亮子さん。

これに対し、番組MCを務めるマツコ・デラックスさんが「限界は2~3時間くらい?」と聞くと、遊井亮子さんはこのように答えます。

自分の調子によって変わるんですけど、大体MAX5時間。

アウト×デラックス ーより引用

続けて、山里亮太さんが「この時間で帰ってくれたら嬉しいっていうのは?」と聞くと、遊井亮子さんは「1時間以内」と答えました。

遊井亮子さんは、付き合い始めであればもう少し長くいてもいいそうですが、1~2年経つと話すこともなくなってくるため、早く帰ってほしいと思うようになってしまうのだそう。

※写真はイメージ

しかし、それは「彼氏が好きではない」わけではなく、「ちゃんと好き」だといいます。

その後、番組では、遊井亮子さんの『彼氏が面倒くさいと思った時の対処法』が紹介されました。

それがこちら。

  1. 5時間経っても帰ってくれない時
    【対処法】台本を見始める
  2. 家に泊まりに来た時
    【対処法】酔わせて寝さす
  3. 次の日朝早いのに会おうといってきた時
    【対処法】居留守を使う
  4. それでも来ようとしてきた時
    【対処法】実家に帰る
アウト×デラックス ーより引用

まず、遊井亮子さんは、5時間経っても帰ってくれない時の対処法について次のように説明します。

これは効くんですよ。

こっちもピリピリした空気をちょっと出してみたりとかして。

(そうすると)向こうがやっと気を遣い始めるので、それで「あ、ごめんね」っていって。

アウト×デラックス ーより引用

続けて、彼氏が家に泊まりに来た時の対処法については、こう説明しました。

好みのお酒を用意しとくんですよ。

で、おつまみ用意して、いい感じにどんどんどんどん行かせて(酔わせて)。

そうするとやっぱり、わりと早めに寝てくださるんで。

アウト×デラックス ーより引用

これには、マツコ・デラックスさんも「寝たらいないのも一緒だからね」と同調します。

そんな遊井亮子さんは、彼氏との別れを考えるタイミングも変わっているのだそう。

詳細を次のように説明します。

付き合った時に、別れる時のことをまず考えます。

「この人、別れる時にすぐ納得して、さらっと別れてくれるかな?」とか、面倒くさくないかなとか、いろいろこじらせて。

私、話し合いで2年間ぐらい別れられなかった時があったんですよ。

そういうのがあるので、「すぐ別れられる人かな?この人」っていう目で(見ちゃう)。

アウト×デラックス ーより引用

遊井亮子さんは、過去に付き合っていた彼氏が別れた後、ストーカーになってしまったことがあったのだそう。

家に帰ると、「別れたくない」っていう旨の長文のFAXが床に広がっていたといいます。

そういった経験から、遊井亮子さんは付き合った時に別れる時のことを考えてしまうようになったのだとか。

その後も、結婚について「結婚して幸せな人ってそんなにいますかね?」と語るなど、変わった恋愛観・結婚観を披露する遊井亮子さん。

番組を見てた人からは、次のような声が上がりました。

・遊井亮子さんの気持ち、めっちゃ分かる。

・めちゃくちゃ共感できて、握手したかった!

遊井亮子の現在・これからは

遊井亮子さんは、2018年7月から9月にかけて放送されたドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の第8話に、金森恭子役として出演しました。

2019年1月から3月まで放送されたドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』(日本テレビ系)の第3話では、洲本佳織(すもとかおり)役を熱演。

ほかにも、同年5月22日放送の情報トークバラエティ番組『ホンマでっか!?TV SP』(フジテレビ系)には、ゲストとして出演しました。

さらに、ドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系)の第4話 や、ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)の最終話などにも出演しています。

近年はドラマだけでなく、数々のバラエティ番組でも活躍を見せる遊井亮子さん。これからも応援しています!

遊井亮子 プロフィール

生年月日:1976年8月10日

出身地:東京都

血液型:A型

身長:166cm

所属事務所:ボックスコーポレーション

1994年放送のドラマ『静かなるドン』(日本テレビ系)で女優としてデビュー。1996年にドラマ『白線流し』(フジテレビ系)で、不良少女・汐田茅乃役を演じ、一躍知名度を上げた。それ以降、ドラマ『レッド』(フジテレビ系)や『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)、『ファースト・クラス』(フジテレビ系)など、数多くのドラマに出演し、現在も名バイプレイヤーとして活躍している。

『遊井亮子』の出演作品を探す


[文・構成/grape編集部]

出典
@yuuiryoko0810アウト×デラックスkenkatsu_ktvボックスコーポレーション

Share Tweet LINE コメント

page
top