grape [グレイプ]

南原清隆が『狂言』に挑戦していた!メガネ姿はサカナクションのボーカル似!?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

南原清隆

お笑いコンビ『ウッチャンナンチャン』の南原清隆(なんばらきよたか)さん。

新しいお昼の顔として高い人気を誇り、一方で狂言などの舞台活動にも精力的です。

ここでは、南原清隆さんのプロフィールや舞台での活動、SNSでの話題などを詳しく紹介します。

南原清隆ってどんな人?

南原清隆さんは、香川県高松市出身。地元の高松一高校を卒業後、横浜放送映画専門学院(現・日本映画学校)演劇科卒業しています。

南原清隆さんのデビューのきっかけとなったのは、1980年代に放送されていたバラエティ番組『お笑いスター誕生』(日本テレビ系)です。そして、バラエティ番組『夢で逢えたら』(フジテレビ系)やラジオ番組『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)などに出演し、多くの人からの人気を集めました。

特に、バラエティ番組『笑う犬の冒険』(フジテレビ系)や『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系)は若い世代からも支持を集め、番組から生まれた音楽ユニット『ブラックビスケッツ』は一大ムーブメントを起こしました。

現在は、情報・バラエティ番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)でお昼の顔として主婦層を始めとした幅広い世代の人から人気を集めています。

南原清隆と内村光良の出会いは専門学校

ウッチャンナンチャン結成のきっかけとなったのは専門学校です。相方である内村光良さんと南原清隆さんは同じ横浜放送映画専門学院(現・日本映画学校)演劇科に在籍していました。

授業で漫才の披露をすることがあり、2人でコンビを結成。授業に臨んでいたところ、講師の内海桂子・好江さんの目に留まりデビューしたのです。

ただ、もともとウッチャンナンチャンの2人はお笑いがやりたかったわけではありません。特に内村光良さんは映画監督を目指していました。

南原清隆さんは高校時代から落語研究会に所属するほどお笑いのことは好きでしたが、それでもプロになりたいとは思っていませんでした。そのため、講師だった内海桂子・好江さんとの出会いがウッチャンナンチャンを芸能界に引き込んだ重要な存在となっています。

南原清隆出演の『現代狂言』は老若男女問わず楽しめると話題に!

南原清隆さんが精力的に活動しているのが『現代狂言』という舞台です。『現代狂言』とは、狂言とコントを合わせた新感覚のオリジナル舞台で、能楽師の野村萬斎さんとともに作り上げています。

『現代狂言』が作られたのは、バラエティ番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』で南原清隆さんが狂言に取り組んだことがきっかけです。この企画の中で狂言の奥深さを知り、同時に幅広い世代が楽しめるものだと確信しこの企画が生まれました。

また、『現代狂言』はもともと五世野村万之丞さんと一緒に行う予定でした。しかし、五世野村万之丞さんが2004年に亡くなってしまい、この時の約束をしっかりと果たすために2006年より公演が始まりました。

現在は『現代狂言』シリーズは休止しており、『古今狂言会』と名前を変えて公演を行っています。

時代を反映した新しいテーマと伝統ある狂言の表現方法の絶妙なマッチが面白く、同時に古典狂言も楽しめる…そんな、2つの面白さを堪能できると老若男女を問わず人気を集めており、『現代狂言』シリーズの復活を望む声も多く聞かれます。

お笑いコンビ、ウッチャンナンチャンのメンバー、南原清隆が2日、狂言とコントを融合した「現代狂言X」の公開稽古を、東京・渋谷のセルリアンタワー能楽堂で行った。

『現代狂言X』公開稽古 2016年

南原清隆に病気のウワサ メガネ姿がサカナクションのボーカルにそっくり!?

南原清隆さんがメガネをかけて情報番組『ヒルナンデス!』へ出演した時、目が少し腫れているように見えたことから、「病気なのか」と話題に上がったことがありました。

しかし、それ以上に話題となったのが、音楽グループ『サカナクション』のボーカル・山口一郎さんに似ているということでした。

実は、2人は骨格や雰囲気がそっくりなのです。メガネを外した姿も、よく似ています。

南原清隆のインスタはある?

出演情報や最新情報が気になる南原清隆さんですが、インスタグラムやツイッターなどのSNSは使っていません。また、ブログもなく、個人での情報発信は行っていません。

南原清隆さんの出演情報は、所属事務所であるマセキ芸能社の公式ページで見られます。

個人のプロフィールページには、毎日の出演情報のほかにも、舞台やイベント、著書なども多数紹介されています。

南原清隆の現在・これから

南原清隆さんは、現在『ヒルナンデス!』を始めとして、バラエティ番組『ネタパレ』(フジテレビ系)やスポーツ情報番組『Get Sports』(日本テレビ系)などに出演しています。

さらに、『古今狂言会』や『あんまと泥棒』などの舞台、単独ライブなどさまざまな活動を精力的に行っています。

いままでには、社交ダンスや落語、狂言、音楽活動など幅広いジャンルに挑戦してきた南原清隆さん。だからこそ、次はどんな新しい挑戦や姿を見せてくれることにも期待したいですよね。

今後どんな場所でどのように活躍していくのか、南原清隆さんのこれからの活動にも注目していきましょう。

南原清隆 プロフィール

生年月日:1965年2月13日
出身地:香川県高松市
血液型:AB型
身長:174cm
所属事務所:マセキ芸能社

横浜放送映画専門学院(現・日本映画学校)で内村光良と出会い、『ウッチャンナンチャン』を結成しデビュー。バラエティ番組『お笑いスター誕生』(日本テレビ系)や『夢で逢えたら』(フジテレビ系)、ラジオ番組『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)など多くの人気番組の出演を経て人気を確立する。また、バラエティ番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系)から生まれた『ブラック・ビスケッツ』やバラエティ番組『笑う犬の冒険』(フジテレビ系)での『はっぱ隊』など、番組から生まれたユニットでの音楽活動も人気を集めた。現在は、月曜日から金曜日まで情報番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)にレギュラー出演し、お昼の新しい顔として幅広い層からの人気を獲得。さらに、『現代狂言』や『古今狂言会』などのいままでにない舞台にも精力的に力を入れており、さまざまな方面での活躍を見せている。


[文・構成/grape編集部]

出典
マセキ芸能社@sakanaction

Share Tweet LINE コメント

page
top