grape [グレイプ]

紅白での出来事に、アラサー・アラフォーが震えた 「そんな経った!?」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE コメント

米津玄師さんや、YOSHIKIさん、サザンオールスターズさんや松任谷由実さんなど、豪華アーティストが出演した、第69回NHK紅白歌合戦。

また、放送中、他局の番組キャラクターが登場するなど、視聴者を楽しませる演出が印象的な紅白歌合戦でもありました。

視聴者の反応も上々で、ビデオリサーチの調べによると、関東・関西地区共に視聴率は40%超えを記録。

ネット上でも「歴史に残る紅白歌合戦」の声が聞こえてくるなど、平成最後の紅白歌合戦は大成功で終わりました。

その一方で、悲しみの声をあげる人も…。

「ちょっと悲しかったわ」

悲しみの声を上げているのは、1998〜2003年に放送されていたバラエティ番組『笑う犬』シリーズ(フジテレビ系)で誕生したキャラクター、ミル姉。

第69回NHK紅白歌合戦で司会を務めた内村光良さん扮する、人気キャラクターです。

見事復活を果たしたミル姉ではあるものの、コメディ番組『LIFE!人生に捧げるコント』(NHK)の公式Twitter上で、こんな悲しみのコメントを残しています。

お久しぶり、ミル姉さんよ〜。ビックリした〜?紅白、出ちゃった。

フジテレビのね、偉い人たちが「いい」って!「出ていい」っていってくれたの。だから出た〜。

で、会場行ったらね、若い子…わたしのこと知らなかった。ちょっと悲しかったわ〜、おいたわしいわね〜。

じゃあまた、どっかで会いましょう。も〜う、いっぱいいっぱい!

当時と同じ独特のしゃべりかたで、笑いを誘ったミル姉。

いまのアラサー、アラフォーにとっては、懐かしさで胸がいっぱいになりますが、若い世代にとっては、そうでもないのですね…。

ネット上では、ミル姉の復活を喜ぶ声と、若い世代が知らないことへの驚きなど、さまざまな反応が寄せられています。

・ミル姉が出演して興奮した!

・今回の紅白歌合戦は、若い世代の出演者も多かったもんね。時の流れは早いなぁ。

・ミル…姉?『LIFE!人生に捧げるコント』の新キャラだと思ってた。

・放送終了から15年が経っているという現実。

2003年の放送終了直後に生まれた子は、2018年で15歳。放送期間中に生まれていたとしても、覚えている人のほうが少ないぐらいでしょう。

コメントにもあるように、内村さんが出演しているコメディ番組『LIFE!人生に捧げるコント』の新キャラクターだと勘違いしてしまうのも、仕方がないのかもしれませんね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@nhk_life_comedy

Share Tweet LINE コメント

page
top