grape [グレイプ]

水谷豊の娘・趣里も芸能界で大活躍! 若い頃は超イケメン!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

水谷豊

ドラマや映画などで高い演技力を発揮し、多くの視聴者をとりこにしている水谷豊(みずたにゆたか)さん。

役者として人気を集めながら、歌手や映画監督としても活動するなど、幅広い活躍も見逃せません。

ここでは、水谷豊さんの過去や娘の趣里(しゅり)さんに注目しながら、さまざまな情報をご紹介します。

水谷豊の若い頃は超イケメンだった!

ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)シリーズで活躍中の水谷豊さん。柔らかく優しい印象で、若い頃は爽やかなイケメン俳優として人気を集めていました。

水谷豊 1977年

熱血刑事役や教師役を熱演した水谷豊さんは、若い女性からの支持を集め、演技力の高さと共に一躍スターへと上り詰めます。

水谷豊のドラマ・映画の代表作は?

1968年に放送されたドラマ『バンパイヤ』(フジテレビ系)でデビューした水谷豊さんは、以降、『傷らだけの天使』(日本テレビ系)や『赤い激流』(TBS系)などに出演しています。

中でも、特に人気を集めたのが、教師役で出演したドラマ『熱中時代』(日本テレビ系)です。

作品自体の面白さだけでなく、水谷豊さんのカッコいい演技が話題となり、最終回の視聴率は46.7%を記録。現在でも語り継がれています。

また、『熱中時代』はそれ以降の学園ドラマにも影響を与えたといわれており、名実共に水谷豊さんの代表作に。

映画では、1976年に公開された『青春の殺人者』や2013年公開の『少年H』に出演し、多くの観客を魅了しています。

さらに、タップダンスをモチーフにし、2017年に公開された映画『TAP THE LAST SHOW』や、2019年公開の『轢き逃げ 最高の最悪な日』では監督も務めており、役者以外での代表作も今後増えていくかもしれません。

『轢き逃げ -最高の最悪な日-』 120秒予告編

水谷豊は歌手としても活動

そのルックスと演技力の高さから、人気を集めている水谷豊さん。1977年に『はーばーらいと』で歌手としても活動を開始しています。

その後も『やりなおそうよ』や『表参道軟派ストリート』などをリリース。中でもドラマ『熱中時代・刑事編』(日本テレビ系)の主題歌に起用された『カリフォルニア・コネクション』は、ドラマと同じように大ヒットしました。

また、ドラマ『熱中時代・教師編Ⅱ』(日本テレビ系)の主題歌『やさしさ紙芝居』も多くの人に愛されています。

一時期は俳優活動に専念するために歌手活動は休止していましたが、現在は再開。セルフカバーアルバム『TIME CAPSULE』には、『カリフォルニア・コネクション』と『やさしさ紙芝居』も収録されており、いまなお愛されている名曲です。

TIME CAPSULE

TIME CAPSULE

2,200円(12/15 11:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

『水谷豊』の出演作品を探す

水谷豊 萩原健一の訃報に「言葉にならない」

2019年3月26日に亡くなった俳優の荻原健一(はぎわらけんいち)さんの一報に対し、「言葉にならない」と悲痛な思いを語った水谷豊さん。

萩原健一さんと水谷豊さんは、1974年に放送されたドラマ『傷だらけの天使』(日本テレビ系)で共演し、2人の出世作と呼ばれるほど大きな反響を生みました。

ドラマの中で2人は、探偵事務所の調査員という役柄。水谷豊さんは萩原健一さんを慕う弟分の役を演じていました。

萩原健一さんを「アニキ~」と呼ぶ姿と、2人のよいコンビネーションが多くの若者から支持され、高い人気へと繋がっています。

2019年5月4日に放送された、お笑いコンビ・とんねるずの木梨憲武(きなしのりたけ)さんがパーソナリティを務めるラジオ番組『土曜朝6時 木梨の会。』(TBSラジオ)に出演した水谷豊さん。木梨憲武さんと共に、萩原健一さんの思い出を語っています。

その中で水谷豊さんは、結婚していた萩原健一さんから自宅へ招待され、2人で一緒にお風呂に入ったエピソードを披露。萩原健一さんとの公私にわたる付き合いの深さが感じられました。

水谷豊の娘も芸能界で活動!

水谷豊さんは1979年に放送されたドラマ『熱中時代・刑事編』で共演した、アメリカの俳優・ミッキー・マッケンジーさんと1981年12月に結婚。しかし、1986年5月、2人は結婚生活に終止符を打ち、離婚しました。

その後、1989年にアイドルグループ・キャンディーズの元メンバーである伊藤蘭(いとうらん)さんと再婚し、その1年後に長女を授かっています。

長女の趣里(しゅり)さんは、両親と同じように役者として芸能界で活動。2011年に放送されたドラマ『3年B組金八先生ファイナル』(TBS系)や『ハンチョウ〜SERIES4〜』(TBS系)などを始めとした多くの作品に出演しています。

趣里さんはデビュー当時、両親のことを隠して活動しており、水谷豊さんと伊藤蘭さんの娘だと知られたのは、ドラマなどで注目されてからのこと。

インタビューの際には両親にまつわることは答えないなど、徹底して自分の実力だけを見てもらうように行動しているようです。

近年ではドラマ以外での活躍も多く、主演映画『生きてるだけで、愛。』では初のヌード姿を披露し、大きな話題を集めました。

二世俳優ではなく実力派俳優として、今後の活躍に多くの人が注目しています。

水谷豊の現在・これから

水谷豊さんの代表作として高い人気を誇るドラマ『相棒』シリーズは、シーズン17を迎え、いまだ人気が衰えることがありません。

現在はTV放送されていませんが、歴代シリーズが動画配信サービスで配信されており、好きな時に好きなエピソードを見ることができます。

また、監督、脚本を務め、出演もした映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』が2019年5月10日に公開されるなど、多岐にわたる分野で活躍。

2019年9月13日には、短編時代小説をドラマ化した『無用庵隠居修行』の第三弾『無用庵隠居修行3』(BS朝日)の放送が決まっています。

刑事ドラマから時代劇まで、幅広い演技を見せてくれる水谷豊さん。伊藤蘭さんとの夫婦共演や、趣里さんとの親子共演などにも期待しながら、これからの水谷豊さんの活躍を応援していきましょう。

水谷豊 プロフィール

生年月日:1952年7月14日
出身地:北海道
血液型:A型
身長:168cm
所属事務所:トライサム

10代のころから役者として活動を始め、1968年に放送されたドラマ『バンパイヤ』(フジテレビ系)で主演デビュー。以降『傷らだけの天使』(日本テレビ系)や『赤い激流』(TBS系)など、数々のドラマに出演。『熱中時代』(日本テレビ系)シリーズはドラマ史に残る名作として、多くの人にいまなお愛されている。1977年には、『はーばーらいと』をリリースし歌手としても活動を開始。『やりなおそうよ』や『表参道軟派ストリート』などをリリースし、中でもドラマ『熱中時代・刑事編』(日本テレビ系)の主題歌に起用された『カリフォルニア・コネクション』が大ヒットとなる。近年は役者としての活動が目立ち、2000年より放送している『相棒』(テレビ朝日系)はシーズン17を迎える長寿ドラマとして人気を集める。映画『TAP THE LAST SHOW』や『轢き逃げ 最高の最悪な日』では監督を務めるなど、幅広い活躍を見せている。

『水谷豊』の出演作品を探す


[文・構成/grape編集部]

出典
『轢き逃げ -最高の最悪な日-』 120秒予告編@shuri_0921トライサム

Share Tweet LINE コメント

page
top