grape [グレイプ] entertainment

大鶴義丹ってどんな人? 結婚はしてる? 出演ドラマや人柄も紹介

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

大鶴義丹

大鶴義丹(おおつるぎたん)さんとはどんな人なのか、あなたはご存知ですか。

結婚しているのかや、出演ドラマや人柄などをご紹介していきます。合わせて、多才な大鶴義丹さんの友人関係などのプライベートにも迫ります。

大鶴義丹ってどんな人? 結婚はしてる? 出演ドラマや人柄を紹介

大鶴義丹

大鶴義丹さんのプロフィールをご紹介していきます。

大鶴義丹さんは若い頃からトレンディドラマや映画、バラエティ番組や数々の雑誌に登場している有名芸能人です。その変わらぬ魅力と華々しい経歴を詳しく見ていきましょう。

性格

大鶴義丹さんの性格は大らかで大胆です。

また、大鶴義丹さんは作家から俳優、料理家や監督までこなす多才な人物でもあります。

自分の好きなことはとことん追及する性格があったからこそ、芸術家としての才能がたくさん開花したとも考えられます。バイク好きが高じて北海道へ単独で移住するなど、自由人な一面もうかがえます。

家族構成

大鶴義丹さんの両親は、劇作家・芥川賞作家の唐十郎(からじゅうろう)さんと、有名舞台女優の李麗仙(りれいせん)さんです。

現在の妻と再婚する前は、演歌歌手であり女優でもあるマルシアさんと結婚していました。マルシアさんとの間には娘が1人います。

大鶴義丹さんは、異母弟と妹も俳優の芸能一家です。

出演作品

大鶴義丹さんは1984年のNHKドラマ『安寿子の靴』で俳優デビューしました。

その後もたくさんのドラマや映画に出演して知名度を上げてきました。親譲りの演技力と数々の才能で、現在もたくさんの作品で活躍を続けています。

趣味

大鶴義丹さんの趣味はバイクと料理です。

大鶴義丹さんのバイク好きは特に有名で、10代の頃からアマチュアレースやツーリングを楽しんできたベテランです。

年齢

大鶴義丹さんは1968年4月24日生まれで、2020年2月現在51歳です。

東京都杉並区の出身で、玉川学園高等部を自主退学した後、和光高等学校を卒業しています。その後、日本大学芸術学部文芸学科を中退しています。

大鶴義丹さんが監督・脚本した作品をご紹介していきます。

『となりのボブ・マーリィ』、『私のなかの8ミリ』、『ブレーキ』、『キリン POINT OF NO-RETURN!』、『裸のいとこ』などです。多才な大鶴義丹さんの作品は、社会問題などを扱った骨太な内容が多いです。

人気のスター大鶴義丹さんは、たくさんの映画やドラマ・バラエティ番組などに出演して、視聴者を楽しませてくれます。

大鶴義丹さんはとても気さくで優しいキャラクラターです。声にも特徴があり、彼の明るいイメージをさらに強くします。大鶴義丹さんは自分のことを包み隠さず話し、その内容もとても面白く、バラエティ番組に多数出演しています。

親譲りの演技力で映画やドラマもヒットしました。

現在再婚している大鶴義丹さんの元妻は、演歌歌手としてヒットを飛ばし、タレントや女優としても活躍しているマルシアさんです。

猪俣公章(いのまたこうしょう)さんの弟子としてデビューしたマルシアさんは、かわいらしいルックスと歌唱力で人気歌手となりました。

その後、ドラマやバラエティ番組で活躍し、多くの人に知られる存在となっています。マルシアさんは離婚後も、娘のために大鶴姓を名乗っているそうです。

大鶴義丹さんは現在、高校時代の後輩だった女性と再婚しています。

大鶴義丹と妻の泰子

離婚の背景は?

大鶴義丹さんとマルシアさんの離婚原因は、大鶴義丹さんの女性問題です。

大鶴義丹さんとケンカして家を出たマルシアさんが、滞在していたホテルから帰宅したところ見知らぬ女性がいたという出来事が原因だといわれています。

大鶴義丹さんとマルシアさんはドラマで共演した1994年に、交際からわずか1か月でスピード結婚をしています。

当時の大鶴義丹さんは両親の離婚もあり「自分は絶対に離婚しない」と決意していたそうですが、10年後の2004年に離婚しました。

※写真はイメージ

大鶴義丹さんは前述した通り、バイク好きとして有名な芸能人です。

高校生の頃、オフロードバイクに熱中して、あちこちに出掛けていました。しかし、徐々に芸能活動が忙しくなり車に転向して、しばらくバイクから遠ざかっていたそうです。

やがて28歳の時に再びバイクに魅了され、現在では愛好家としてその名をとどろかせています。

大鶴義丹さんはツーリングに関する知識も豊富で、そのことについて日本二輪車普及安全協会からインタビューされたこともありました。

大鶴義丹さんと仲のいい友達は俳優の湯江タケユキさんです。10年ほど前のドラマがきっかけで仲よくなったとのこと。

湯江タケユキさんは大鶴義丹さんのことが大好きで、その想いの深さをバラエティ番組で語ったこともありました。

湯江タケユキさんは1985年に『ハーフポテトな俺たち』(日本テレビ系)というドラマでデビューした俳優です。

翌年に歌手デビューしており、現在はブランドのデザイナーとしても活躍中です。結婚していて子供がいます。

※写真はイメージ

大鶴義丹さんの娘に関するエピソードをご紹介します。

大鶴義丹さんの娘の大鶴弥安(おおつるびあん)さんはマルシアさんとの間の子供で、2019年で22歳になりました。

父親に顔が似ていて、離婚後も仲よし親子です。

大鶴義丹さんの家に大鶴弥安さんが行くこともあり、再婚相手の女性とも仲よくしているとのこと。

大鶴義丹さんが離婚したのは、大鶴弥安さんが6歳の時です。

徹子の部屋

大鶴義丹さんの娘の大鶴弥安さんは『徹子の部屋』(テレビ朝日系)など、バラエティ番組に親子で出演したことがあります。

大鶴義丹さんと大鶴弥安さんは顔だけでなく、性格もよく似ているそうです。

大鶴義丹さんは離婚の際に、マルシアさんへの慰謝料はなしで、養育費は大鶴義丹さんが払うことで合意しています。

娘が20歳を過ぎて、その養育費もきっちりと払い終わりました。マルシアさんはバラエティ番組で、大鶴義丹さんがしっかりと養育費を払い続けてくれたことに「感謝している」と告白していました。

大鶴義丹さんは現在、数々のドラマやバラエティに出演して頑張っています。

また、その料理の腕を活かして本も出版。ブログの表紙も、妻と自作のパスタを食べている写真です。

大鶴義丹さんは、作家・監督・俳優、そして料理家として、今後も活躍していくことでしょう。

大鶴義丹さんにはさまざまな芸術の才能があり、親譲りの俳優としての才能にも優れています。

明るく特徴のある声とモデル体型で、さまざまな役柄をこなせる個性派ベテラン俳優として愛されてきました。

これからも活躍を応援しています。


[文・構成/grape編集部]

出典
marciaknishiyeケイダッシュtakeyukiyuegitan.ohtsuru

Share Tweet LINE コメント

page
top