grape [グレイプ]

神木隆之介が子役だった時の写真、見たことある? マジでかわいいよ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

俳優として、数々のドラマや映画で活躍している神木隆之介(かみき・りゅうのすけ)さん。

幼い頃から子役として人気を集め、高い演技力で多くの人から支持されています。

そんな神木隆之介さんの「かわいい!」と話題の子役時代と、現在の写真を見比べてみました!

神木隆之介の子役時代が「かわいすぎる」と話題

1993年に埼玉県で生まれた神木隆之介さんは、2歳の時に芸能事務所のオーディションに合格し、子役として活動をスタートさせました。

それから4年後の1999年に、ドラマ『グッドニュース』(TBS系)で役者としてデビュー。

2001年には、スタジオジブリ映画『千と千尋の神隠し』で声優デビューし、以降も『ハウルの動く城』や、『サマーウォーズ』、『借りぐらしのアリエッティ』、『メアリと魔女の花』、『君の名は。』など、数々のアニメ作品でキャラクターの声を演じてきました。

そんな神木隆之介さんが声優を務めた作品の1つに2003年公開の映画『キリクと魔女』があります。同作では主人公・キリクの吹き替えを表現豊かに演じ、国内外から高い評価を得ました。

その頃の神木隆之介さんの姿がこちら!

神木隆之介 2003年

か、かわいい…。

この頃の神木隆之介さんは小さい身体でありながらも、偉大な監督と大女優に囲まれ、存在感を発揮。天才子役の名を欲しいままにしていた理由がよく分かります。

その翌年には映画『インストール』で女優の上戸彩さんと共演。その時の姿がこちらです!

神木隆之介 2004年

まるで女の子のようなかわいさに思わず悶絶!透明感あふれるビジュアルでまさに「天使!」といった印象ですね。

2005年には映画『妖怪大戦争』で主人公の少年を演じ、天才子役としてますます有名に。同作では見事、『第29回日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞しています。

その後も、ドラマ『探偵学園Q』(日本テレビ系)や、『11人もいる』(テレビ朝日系)といった連続ドラマを始め、映画『桐島、部活やめるってよ』、『3月のライオン』、『屍人荘の殺人』、『ラストレター』など数多くの映画作品にも出演。

2020年現在も、その人気はとどまることを知らず、日本を代表する俳優の1人として活躍しています。

神木隆之介の現在をインスタでチェック!かわいい子役からイケメンに…

2020年で芸能デビュー25周年を迎える神木隆之介さんは、25周年アニバーサリーブック『おもて神木/うら神木』を発売。

このことを記念して開設されたインスタグラムでは、オフショットやプライベート感あふれる写真をたくさんアップしています。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

子役時代の面影も残しつつ、立派なイケメンに成長している神木隆之介さんにファンはメロメロ。

投稿があるたびに「本当にかっこいい!」「これからもついていきます!」と絶賛するコメントを寄せています。

最近ではYouTubeチャンネルを始めるなど、活躍の幅を広げている神木隆之介さん。

神木隆之介YouTubeチャンネル 第1回

これからどんな俳優に成長していくのか、ますます楽しみですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
kamiki_25th#1「神木、YouTube始めるってよ」〜チャンネルアートを作ろう!〜

Share Tweet LINE コメント

page
top