grape [グレイプ] entertainment

吉岡里帆の父親はカメラマン! 弟は意外な人の見習いだった

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

女優として活躍している吉岡里帆(よしおか・りほ)さん。

高い演技力はもちろん、きれいとかわいいを兼ね備えたビジュアルで、男女問わず多くの人に愛されています。

そんな吉岡里帆さんの父親や弟に関することや、これからの活躍など、さまざまな情報をご紹介します!

吉岡里帆の父が「NHK関係者だ」と誤報 実はカメラマン

2018年、一部週刊誌によって吉岡里帆さんの父親が、NHK大河ドラマのプロデューサーだと報じられました。

それまで、吉岡里帆さんが下積み時代に苦労していたエピソードをテレビ番組などで語っていたこともあり、「どうせ親のコネだろう」「信じていたのに」といった声が続出。イメージダウンにつながってしまいました。

しかし、この件について週刊誌『女性自身』が誤報であると伝えています。

同誌によると、吉岡里帆さんの父親はカメラマンで、NHKにはまったく関係がないようです。

そんな中、誤報であったことが明らかになり、吉岡里帆さんに対する批判的なコメントは激減。

反対に「頑張って」「デマに負けるな!」といった活動を応援する声が多く寄せられました。

・吉岡里帆さんは実力でここまでのし上がってきたんだね。さすがだと思う。

・誤解が解けて本当によかったね。これからも里帆ちゃんのことを全力で応援する!!

・『親のコネ』っていっていた人に吉岡里帆ちゃんの演技を見てほしい。うますぎてびっくりするから。

吉岡里帆さんは、映像会社を経営するカメラマンの父親の元に生まれ、幼少期から舞台や映画に触れながら育ったそうです。

ちなみに、吉岡里帆さんの父親はかなりの仕事人間だったとか。

2015年9月10日に更新されたブログでは、「いそがしくて遊びに行くことができない父親と、映画やお笑い番組を見る時間が何よりも楽しかった」と親子の思い出をつづっています。

仕事漬けだった父と身体の弱い母

に育てて貰った私の、

子供ながらの一番の楽しみは

深夜に一緒に観る映画と

「ごっつええ感じ」でした。

週末遊園地や食事に行けなかった分

隣で大笑いしている母と父を見れた

「ごっつええ感じ」は正に幸せの象徴。

吉岡里帆オフィシャルブログ ーより引用

このような幼少期を送った吉岡里帆さんは、18歳から役者を目指すことに。

その後、友人の誘いで劇団に参加し、女優としてのキャリアをスタートさせています。

すると、メキメキと頭角を現し、2015年に公開された映画『マンゴーと赤い車椅子』でスクリーンデビュー。

そして、同年に放送された朝の連続ドラマ『あさが来た』(NHK)に出演すると、「このかわいい子は誰?」「演技が上手!」と大きな注目を集めました。

吉岡里帆さんが女優として成功をおさめた理由には、生まれ育った環境が少なからず関係しているのではないでしょうか。

幼少期に自然と磨かれた芸術的センスは、今の仕事に大きく役立っていると思われます。

吉岡里帆の弟はなんとあのタレントの見習いだった

吉岡里帆さんには弟がいます。

弟は一時期、タレントかつ靴職人の花田優一さんの下で靴職人の見習いとして働いていたそう。

現在は辞めていますが、当時は花田優一さんのマネージメントのような仕事にも携わっていたと報じられています。

そんな弟はフレンチレストランで働いていたこともあり、吉岡里帆さんは2016年7月19日に更新したインスタグラムでその店を訪れたことを報告しました。

吉岡里帆さんと弟は、誕生日の翌日に余ったケーキを取り合いするのだとか。

また、吉岡里帆さんは2015年1月17日のブログでバースデーケーキの写真とともに、「このイベントが1番好き」と家族仲のよさをうかがわせる文章を投稿しています。

私は翌日に余ったケーキを弟と取り合いながら食べるのが一番好きです。

余韻と言いましょうか…

吉岡里帆オフィシャルブログ ーより引用

これからも姉弟で支え合いながら、それぞれの道で活躍してほしいですね。

吉岡里帆の活躍は?

吉岡里帆さんは2020年11月に公開された映画『泣く子はいねぇが』にヒロイン役で出演しました。

映画『泣く子はいねぇが』本予告

そして、2021年には竹中直人さんが監督を務める映画『ゾッキ』にも出演します。

映画『ゾッキ』予告

また、同年4月から放送がスタートする連続ドラマW『華麗なる一族』(WOWOW)に出演。

同作品では関西財界重鎮の令嬢・安田万樹子役を演じます。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

そして同月にはドラマ『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)でヒロイン役を務めることも発表されています。

また舞台でも活躍している吉岡里帆さんは、同年3月から上演されるM&Oplaysプロデュース『白昼夢』に出演。役者として、大忙しの日々を送っているようです。

どんな役を与えられても真剣に取り組み、自分のものにしている吉岡里帆さん。今後、どんな姿を見せてくれるのか、ますます目が離せません!


[文・構成/grape編集部]

出典
吉岡里帆オフィシャルブログriho_yoshiokayuichihanada_official映画『泣く子はいねぇが』本予告 | 11/20[金]公開映画『ゾッキ』予告【4月2日(金)全国公開、3月26日(金)愛知県先公開※一部劇場を除く】renai_mangaka@moplaysproduce女性自身

Share Tweet LINE コメント

page
top