98歳のおばあちゃんが家でしていること 歳をとるという現実

出典:Vimeo

ペンシルバニアに住む、98歳のメアリーさん。現在は一人暮らしをしており、平日はデイサービスに通っています。

そんな彼女の生活に密着した映像作品「JUNK MAIL」が、98歳の一人暮らしとはどのようなものか。また、歳をとるということの意味を、深く考えさせられると話題です。

笑わないでね…

メアリーさんはデイサービスの施設に行くと、友達や職員さんと食事やダンスなど、様々なレクリエーションをして楽しみます。

19208_02

出典:Vimeo

その姿は人生を謳歌しているように見えました。誰も、メアリーさんの施設以外の生活を知らなかったからです。

しかし今回、メアリーさんの生活に密着したことで、デイサービスから帰った後のメアリーさんの孤独が浮き彫りに。

家に帰ると、メアリーさんは一人。その孤独を紛らわすために彼女がしていたこととは、

19208_03

出典:Vimeo

19208_04

出典:Vimeo

笑わないでね。ポストに投函されている、いらないチラシをとってくるの。そして、それをちぎって、切って、小さくしてゴミ箱に捨てるの。何かしていないと、気がふれてしまいそうだから

ただ、いらないチラシをちぎって捨てる。話し相手もなく。特にやることもない。静かな部屋に、チラシをちぎる音だけが響く様は、彼女のやりきれない気持ちを表しているようです。

この生活をどう思っているか?どう思うも何もないわ。ただ、やっていくしかないもの。他には何もできないわ。姪と一緒に暮らせるわけじゃないし。彼女たちももう孫がいて、彼女たちの生活があるのよ。

その様子を初めて見た施設のスタッフ。頬には涙が…

19208_01

出典:Vimeo

撮影のあと、メアリーさんは施設のスタッフと撮影スタッフに、涙声で感謝を伝えました。

みんなが来てくれて本当に嬉しかったわ。あなたたちのおかげでとっても素敵な日になった。私は一生このことを忘れない

19208_05

出典:Vimeo

人は誰しも、歳を重ねていくもの。メアリーさんのこの姿は他人事ではありませんね。

映像の中で出てくる言葉「because still alive(だって、まだ生きているから)」が胸を打ちます。誰もが日々に追われ、忙しい毎日を送っています。それでも、大切な人に会いにいくこと、その重要さに改めて気づくのではないでしょうか。

出典
Junk Mail

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop