『自閉症の子どもが見る世界』を再現 知ってほしい…僕たちは悪い子じゃない

出典:YouTube

毎年4月2日は、『世界自閉症啓発デー』。この日は、全世界で自閉症を理解するための取り組みが行われています。

イギリスの英国自閉症協会は、自閉症の理解をより深めるため、ひとつの動画を公開しました。

自閉症の人が見る世界を描いた『Can you make it to the end?』

お母さんと一緒にショッピングモールへやってきた、自閉症を抱えた男の子。彼の目に、この世界はどのように映るのでしょうか。

※この動画には光の点滅、突発的なノイズが含まれています。

歩いていると、周囲の音がなぜか歪んで聴こえます。

カーテンがしっかり引かれているにも関わらず、証明写真機のフラッシュは眩しいくらい。

20302_01

出典:YouTube

ふと目に入ったちょっとした光景が、なぜか脳内ににこびりついてしまう。

20302_02

出典:YouTube

ジャケットに描かれた顔を見ると、目が動いているような幻覚に襲われます。

20302_03

出典:YouTube

コインを落とす音やジュースを飲む音、風船が擦れ合う音など、小さな音でも異常に感じ取ってしまう。彼にとっては、すべての音がうるさくてたまらないのです。

20302_04

出典:YouTube

次第に、頭の中のサイレンが鳴り響きます。溢れる情報に混乱し、自分を抑えることができなくなってしまった男の子…。

人に迷惑をかけたいわけではなく、頭が勝手にこんがらがってしまうだけ…。なのに、自閉症に理解がない人から『いたずらっ子』だと誤解されてしまうのです。

自閉症を、理解してください。

僕はいたずらっ子じゃない、自閉症なんだ。
自閉症にとって、世界はとっても恐ろしい場所。

時々、頭が爆発してしまいそうな音が聴こえる。
服を着ていると、肌が焼け付くような気がしてしまう。
なにかがちょっと変わるだけで、僕は世界の終りのように感じるんだ。

現在自閉症の原因は、先天性の脳機能障害だと言われています。しかし、原因があまり認知されていないため「親の教育が悪い」「この子の性格だ」と言われてしまう人も少なくありません。

ストレスを蓄積すると、症状が悪化したり自傷行為に陥る可能性がある自閉症。回復には、周囲の人が理解することが大切なのです。

自閉症を抱えた人たちが「世界は決して恐ろしい場所じゃない」と気づく日が、一刻も早く訪れることを祈ります。

出典
Can you make it to the end?

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop