grape [グレイプ] entertainment

菅田将暉の父親は元俳優 「かっこよくてびっくり」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

俳優や歌手として活躍している菅田将暉(すだ・まさき)さん。

高い演技力と抜群のビジュアルで男女問わず、多くの人から支持されています。

そんな菅田将暉さんの父親についてや家族のエピソード、最近の活躍など、さまざまな情報をご紹介します!

菅田将暉の父親はどんな人?

菅田将暉さんの父親の名前は菅生新(すごう・あらた)さんといい、1959年に高知県で生まれ、同志社大学に進学しています。

高校時代に所属した剣道部の経験を活かし、大学在学中に時代劇俳優を務めました。生活費や学費は俳優業で稼いだとか。俳優業と学業を両立させ、4年で卒業しています。

大学卒業後は大手企業に就職し、30歳の時に結婚。その後、3人の息子を授かり、会社から独立します。

現在は経営コンサルタント会社を立ち上げ、ベンチャー企業と共同で事業を拡大。また、コメンテーターやMCとしてテレビやラジオ番組に出演したり、大阪市立大学非常勤講師を務めたりとマルチに活躍しています。

2017年には、家族のことをつづった『スゴー家の人々』を発売。その翌年には『成功する人はなぜ『やる気』を持ち続けられるのか』を発表し、作家としても活動しています。

菅田将暉の父親が息子のデビュー時を語る!「平手打ちしたことも…」

幼少期から容姿に恵まれ、芸能人の素質を見せていたという菅田将暉さん。

中学から街中でスカウトされることが増え、本人もその気に。その頃から大手芸能事務所のオーディションに挑戦しますが、いつも惜しいところで合格を掴み取ることができなかったといいます。

その悔しさをバネに高校1年の時にジュノンボーイのオーディションに参加。最終審査まで残ったものの、ここでも賞は獲得できませんでした。

ところが、その様子を見ていた芸能事務所から声がかかり、芸能界入りすることに。

その後、特撮ドラマ『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)の主演が決まり、ライダー役を立派に務め、人気俳優へと成長していきます。

また、2018年放送のバラエティ番組『痛快!明石家電視台』(MBS)でも菅田将暉さんのデビュー前の様子が明らかに。

この日番組に出演した菅生新さんは、タレントの間寛平さんから「長男は男前だから俳優に向いている」といわれたことを告白。「息子を発掘してもらいました」とコメントしています。

菅田将暉さんは幼い頃から、プロも納得する輝きのようなものがあったのでしょうね。

菅田将暉の兄弟もイケメン!

菅田将暉さんは3人兄弟の長男として誕生。次男の名前は『健人』さん、三男は『新樹(あらき)』さんといいます。

菅生新樹さんは現在、モデルとして活躍しており、インスタグラムにおしゃれな写真をアップしています。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

投稿を見た人からは「兄弟そろってイケメン!」「横顔が似ている」といったコメントがたくさん寄せられています。

そして、2020年には買取サービス会社『エコリング』のイメージキャラクターに起用され、CMデビューも果たした菅生新樹さん。

現在、芸能事務所に所属せず、フリーで活動しているようですが、将来ブレイクするだろうと期待されています。

こちらの記事でも菅田将暉さんの兄弟について紹介しています。

菅田将暉の現在・これからは?

菅田将暉さんは2021年4月スタートのテレビドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)で主人公・高岩春斗役を演じました。

同年6月には主演映画『キャラクター』が公開。同作では、殺人現場を目撃してしまう売れない漫画家を緊張感たっぷりに演じました。

【6月11日公開】映画『キャラクター』予告

そして、同年8月公開の映画『キネマの神様』では沢田研二さんとW主演を務め話題に。

映画『キネマの神様』【主題歌予告】大ヒット上映中!

さらに同年10月に公開予定の密室サスペンス映画『CUBE』でも主演に抜擢されています。

映画『CUBE 一度入ったら、最後』本予告|2021年10月22日(金)全国公開

そして2022年も大忙し!大人気漫画を原作とした1月スタートのテレビドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)で月9初主演を務めることが決定しています。

さらに、同月から放送が始まる大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)には、源義経役で出演します。

菅田将暉さんは公式サイトで大河ドラマにかける意気込みをこのようにコメントしています。

「悲劇の武将」といわれ、ドラマチックに描かれることが多い人物ではあるけれど、意外と創作されているエピソードも多く実体がよくわからないところが演じるうえでは興味深いと思っています。
いつも歴史上の人物や実在の方を演じるときに心がけているのは、“血の通わせ方”“綺麗事きれいごとで終わらせない”ということ。特に義経は綺麗なイメージがあるので、生々しく、義経は生きていたんだと僕自身も実感しながら演じていきたいです。

NHK ーより引用

菅田将暉さんの活躍はとどまることを知りません!これからも引き続き注目していきたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
topcoat_staffaraki_sugoconpaji_ntv【6月11日公開】映画『キャラクター』予告映画『キネマの神様』【主題歌予告】大ヒット上映中!映画『CUBE 一度入ったら、最後』本予告|2021年10月22日(金)全国公開not_mystery_not@nhk_kamakura13NHK菅生新オフィシャルブログ

Share Tweet LINE コメント

page
top