grape [グレイプ] entertainment

一緒にごはんを食べるという何でもない日常のありがたさ 幸せは日常の中に

By - 吉元 由美  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

吉元由美の『ひと・もの・こと』

作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。

たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会った気になる物から愛用品、そして日常話から気になる時事ニュースなど…さまざまな『ひと・もの・こと』に関するトピックを吉元流でお届けします。

ごはんを一緒に食べるという幸せ

西島秀俊、内野聖陽主演のドラマ『きのう何食べた?』が好きすぎて、ネットフリックスで繰り返し観てしまいます。

年々、ハラハラする映画が苦手になり、悪い人の出てこない、誰も死なない、何も面倒なことが起こらない映画ばかりを。

中でも『きのう何食べた?』は、時にBGMのように、掃除しているときにもつけていたりします。

シロさんとケンジというゲイのカップルのほろ苦く、あたたかい日常の中で、愛するということ、人を大切にするということ、家族というものについて改めて考えさせられることがある。

そしてもう一つ、シロさんが毎日おいしいごはんを作り、それをケンジが「おいしい!」「幸せ!」とうれしそうに食べる。その料理を作るシーン、食事のシーンが見所です。

大切な人を、大切にする。あたりまえのことのように思えるかもしれませんが、本当にできているかどうか、ふと考えます。

シロさんのごはんを、ケンジはただ「おいしい」だけではなくどんなふうにおいしいか、ということを言葉にする。

例えば、「人参とジャガイモにしっかり味がしみていておいしい」と、具体的に表現します。「どんなふうに」ということを伝えるここが大事なポイントです。

褒めるとき、感謝を伝えるときにひとこと添えることで、より心が伝わります。

「今日は会えてうれしかった」「その色、とてもお似合いで素敵です」というふうに。

「そのワンピース、素敵」と言うだけだと、ワンピースだけを褒めていることになる。「とてもお似合いで素敵」というと、ワンピースと着ている人両方を褒めていることになるのです。

日々、いろいろなことがあります。人間関係、仕事、ふと考えてしまうこと。気持ちが揺れることもあるし、イライラしてしまうこともある。そんなときは、大切な人を大切にするのです。

身近な人に八つ当たりをするのではなく、大切にするのです。または何事も丁寧に、大切に取り組む。

すると、心は落ち着き、清らかな流れができます。その清らかな流れが自分の中に流れるのを感じてみましょう。

幸せは日常の中に。一緒にごはんを食べるという何でもない日常のありがたさ。ごはんを作るのは愛なのです。

食べる人のことを思いながらおいしいものを作る幸せ。ごはんを一緒に食べることの幸せ。

シロさんとケンジは、日々の中にあるささやかだけれど大切な、愛することの幸せを私たちにお裾分けしてくれているようです。

※記事中の写真はすべてイメージ


[文・構成/吉元由美]

吉元由美

作詞家、作家。作詞家生活30年で1000曲の詞を書く。これまでに杏里、田原俊彦、松田聖子、中山美穂、山本達彦、石丸幹二、加山雄三など多くのアーティストの作品を手掛ける。平原綾香の『Jupiter』はミリオンヒットとなる。現在は「魂が喜ぶように生きよう」をテーマに、「吉元由美のLIFE ARTIST ACADEMY」プロジェクトを発信。
吉元由美オフィシャルサイト
吉元由美Facebookページ
単行本「大人の結婚」

Share Tweet LINE コメント

page
top