grape [グレイプ] entertainment

晩秋に見かける柿の木の『木守り』は、ぜひ残してほしい風景

By - 押阪 忍  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

こんにちは、フリーアナウンサーの押阪忍です。

ご縁を頂きまして、『美しいことば』『残しておきたい日本語』をテーマに、連載をしております。宜しければ、シニアアナウンサーの『独言ひとりごと』にお付き合いください。

『木守り』

色鮮やかに、そして、たわわに実をつけた『柿』の姿が消え、灰色の枝だけになり、もの寂しい晩秋の景色になりました。

でもよく見ると、柿の実一つ、伸びた枝につき、塀越しにその色つやの良い姿を見せてくれております。

本日のタイトル『木守り』の風景です。それは、柿の木そのものの気持ちとも考えられます。

来年も今年のように、沢山の実をつけてほしいという、持ち主の願いともとれますね。

当方が田舎にいた時には、この『木守り』の風景を晩秋には、あちこちで見かけたものですが、大都会では柿の木があるお宅は少ないので、先ず見かけることは少ないですね…。

でも、柿の木をお持ちの方であれば、持ち主と実をつけた柿との会話です。

晩秋にぴったりの風景にもなるので、昔の風景、塀から覗く柿の実との『コラボ』は、今にも是非是非 残していただきたいと思います。

当方は昭和の人間ですし、その昭和の風景や景色を若い人達に伝えたいと思っています。

『木守り』もその一つですが、『木守り』の風景や、ことば を若い方が、その景色を想像し、或いは、この時季、柿の木の『木守り』を探して歩くとか、昭和のアナウンサーの『つぶやき』を心に留めて置いて下さればこんなに嬉しいことはありません。

果実などの話が出たときに、自慢話でこの『木守り』の話しなどをして下されば、なお嬉しいですね。

当方のご近所には、柿の木が塀から覗いているお宅が数軒ありますので、この晩秋の散歩は『木守り』探しでたのしむ予定であります。

<2022年11月>

logo_oshizaka2

フリーアナウンサー 押阪 忍

1958年に現テレビ朝日へ第一期生として入社。東京オリンピックでは、金メダルの女子バレーボール、東洋の魔女の実況を担当。1965年には民放TV初のフリーアナウンサーとなる。以降TVやラジオで活躍し、皇太子殿下のご成婚祝賀式典、東京都庁落成式典等の総合司会も行う。2022年現在、アナウンサー生活64年。
日本に数多くある美しい言葉。それを若者に伝え、しっかりとした『ことば』を使える若者を育てていきたいと思っています。

Share Tweet LINE コメント

page
top