grape [グレイプ]

耳を整形した6歳の男の子 まだ幼い彼が整形を選んだ理由とは…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

アメリカのユタ州に住む6歳の男の子、ゲージ・バーガー君。彼には、ある大きな悩みがありました。

それは、生まれつき外側に大きく広がるような形をした耳。そのせいで、同級生からは「エルフの耳だ」とからかわれ、いじめにあっていました。

19166_01

出典:YouTube

個性だからと笑い飛ばせれば良いのですが、まだ幼い彼にとっては大きな問題。

時折鏡を見ては、ほかの人と同じ形になるよう、自分の耳を後ろに押し付けていたそうです。

19166_02

出典:YouTube

 

ゲージ君の両親は、目に見えて落ち込んでいる息子の姿を見て、このままだと息子は、自分は十分な人間ではないのだと、責め続けてしまうのではないかと感じたそう。心配した両親は、彼と相談し、整形手術を受けることを決意しました。

そして訪れた手術の日。手術には2時間を要しましたが無事に終わり、とうとう彼は目立たない耳を手にいれることができました。

19166_03

出典:YouTube

まだ6歳の男の子が、医療目的意外で整形手術を受けるというのは、もちろん一般的なことではありません。

それでも、整形手術という方法を選んだということは、両親もそうとう悩み抜いたのではないでしょうか。また、それだけ彼は、同級生からの心無い言葉に追い詰められていたのでしょう。

19166_04

出典:YouTube

今回の出来事に対して、

  • 「昔の耳だって、すごい可愛らしいのに!」

  • 「彼の笑顔を見てごらん、何ものにもかえられないものだよ」

  • 「子供って残酷…。彼へのいじめが終わると良いね、何かあってからでは遅いから…。」

と、様々な意見が寄せられています。

手術後の目に見えて表情も雰囲気も明るくなった彼の姿を見ると、今回選んだ方法は、彼を救う最良の選択肢だったのだろうと思えてきます。

出典
Parents Allow 6-Year-Old Boy with Big Ears to Get Plastic Surgery

Share Tweet LINE コメント

page
top