grape [グレイプ]

飼い主に見放され、危機一髪で洪水から救出された犬 その後、命の恩人と・・・

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

2016年5月31日、アメリカのテキサス州で記録的な洪水が発生。その規模は、ここ1世紀で最もひどいものだと言われるほどでした。

ブラゾス川が氾濫したことによって数100軒もの家が浸水し、死者やけが人も続出・・・救出隊によって救助された人は、なんと1000人以上。

そんななか、ボートに乗りフォートベンド郡の被害を確認していた、保安官のトロイ・E・ネールスさん。

逃げ遅れた人がいないか慎重に周囲を見回していると、浸水したとある民間の前で気配を感じました。

ネールスさんの目に飛び込んできたのは、首まで水に浸かった1匹の犬。その場から身動きできず、かろうじて顔を出していたのです。

「いけない!このままでは溺れて命を落としてしまう!」

急きょボートで近づき、犬を救出しようとしたネールスさん。しかし犬は玄関につながれたままで、救出は難航・・・。

現地を取材していたレポーターと力を合わせ、なんとか救出に成功しました。

その後、動物愛護団体に連れられ、体をきれいにしてもらった犬。幸いなことに、怪我や病気の心配はなかったそうです。

動物愛護団体は至急、犬の飼い主に連絡。無事を伝えた後に「なぜ犬が逃げていないことを警察に伝えなかったのか?」と問うと、信じられない言葉が返ってきたのです。

「あんなに水が浸水するなんて、思ってなかったんだ。それに、正直犬はもういらないと思って・・・」

飼い主は、犬が逃げられないことを知っていながら無視・・・。挙句の果てには「どこか他の家へやってくれ」と言ったそうです。なんて無責任なのでしょうか。

保護団体に預けられることになった犬を、保安官のネールスさんは『アーチャー』と命名。そしてある日、アーチャーが気になったネールスさんは家族と共に動物愛護団体を訪れました。

「この子が先日助けた犬?あら、とってもキュートじゃない!
家族がいないなら、ぜひ家で飼いましょうよ!」

アーチャーを見た家族は、全員一目ぼれ。なんと、家族として迎え入れることに!

ネールスさん一家の新たな一員となったアーチャーは現在、たくさんの家族に囲まれとても幸せに暮らしています。

「あの日出会った瞬間、この子と私の間に絆が芽生えました。そしてその絆は、一生消えることがないでしょう。
アーチャーは玄関につないだりせず、部屋の中で自由に歩き回っています。寝る時も、ベッドで一緒に寝るんですよ。
あの日、この子の人生は一度リセットされ、私たちと共に新たな道を歩み始めたと思っています」

そうコメントする、ネールスさん。アーチャーへの深い愛情が伝わってきます。

一度はつらい目にあったものの、今では毎日穏やかな生活をおくっているアーチャー。これからも、その『新たな道』を素敵な家族と歩んでいってね。

出典
TEXAS-FLOODING/DOG RESCUETEXAS-FLOODING/DOG RESCUE

Share Tweet LINE コメント

page
top