grape [グレイプ]

道路で車にひかれた猫を発見した男性 不思議な予感がし、引き返すと…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Facebook

カナダのブリティッシュコロンビア州に住む、ギタリストのデニス・マクドナルドさん。ある日、ひどい雷雨の中トラックを運転をしていた彼は、運命の出会いを果たしました。

運転中、道路の真ん中になにかが落ちていたのを発見したデニスさん。視界が悪い中、目を凝らして見てみると…そこには、一匹の黒猫がぐったりと横たわっていたのです。

かわいそうに…。この悪天候だし、きっと車にひかれてしまったんだな…。

悲しい事故に、デニスさんは胸を痛めつつ横を過ぎ去りました。しかし彼の心に、不思議な予感がこみ上げてきました。

あの猫…なんだか、まだ生きている気がする…!

確信はありませんが、「このまま通り過ぎたら後悔する」と思ったデニスさん。彼はトラックをひき返すと、猫の元へ急ぎました。

22078_01

先ほどの場所に到着すると、デニスさんは猫に駆け寄り心臓の音をチェック。すると不思議な予感の通り、猫はまだ生きていたのです。

やっぱり、まだ生きている!早くこの小さな命を助けなければ…。

大怪我を負っているうえ、強い雨風に長時間うたれていた猫…。この猫の命が風前の灯なのは、誰が見ても明らかでした。デニスさんは猫をトラックに乗せ、動物病院へ向かいました。

その後、動物病院で医師の治療をうけた猫は、奇跡的に命を取り留めました。しかし、頭蓋骨は砕け、鼻はつぶれ、顎がずれているというひどい状態でした。

さらに追い打ちをかけるように、獣医はデニスさんにこう言いました。

この猫の耳に飼い主さんが分かるタトゥーがあったので、飼い主の女性に連絡しました。
ですが彼女は、「引きとりに行けない。あなたたちに任せる」と言うのです。

あろうことか、猫の飼い主は「もういらない」と言い放ったのです。この言葉に、デニスさんは強いショックを受けます。

そして、彼は決めたのです。この猫を自分が引きとり、幸せにしてあげよう…と。

BB-8と名付けられた猫は、手術を何度もうけることによって体も徐々に回復。最初は痛々しかったつぶれた鼻も、いまやきれいな形になりました。

たくさんの人が諦めない心を持てば、尊い命を救えるはずだと私は信じています。

そうコメントするデニスさん。BB-8はまだ手術を重ねる必要がありますが、いつかは完全に回復するそうです。

彼の『諦めない心』によって、その尊い命を救われたBB-8。デニスさんのような優しさと勇気を持った人が、世界中に増えていくことを願います。

出典
Dennis McDonald

Share Tweet LINE コメント

page
top