grape [グレイプ]

母を殺され、肩には銃弾が…悲しい瞳のオランウータンの赤ちゃん

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Facebook

悲しい瞳でカメラを見つめるオランウータンの赤ちゃん、ディディック。彼はインドネシアの店で売られているところを発見され、動物保護団体【インターナショナル・アニマル・レスキュー】に保護されました。

おそらく誰かがペットとして飼おうとしたものの、気が変わって売りに出したと思われますが、真相はわかりません。ただ、ディディックの健康状態と悲しい表情を見る限り、これまで非常に辛い経験をしてきたということは容易に推測できたということです。

彼はこの時、ひどい栄養失調でやせ細り、なんと肩には銃弾が埋まっていました。それは野生にいたディディックが、銃弾が飛び交う中を母親から引き離されたことを示していたのです。

【インターナショナル・アニマル・レスキュー】のスタッフによると、オランウータンのような動物は母親の死を目撃してしまった場合、大変ショックな経験となり、精神的なトラウマを抱えてしまうということです。ディディックの悲しく落胆した表情から、彼がそれを経験してしまったことは間違いないと思われました。

スタッフたちはまず、ディディックの体力を回復させようと全力を尽くしました。なぜなら彼は食事をとるために口を開けることすらできないほど弱っていたのです。そのため注射器に栄養剤を入れて飲ませることから始めました。

スタッフたちの献身的な世話によって、ディディックの体力は徐々に回復してきました。しかし、彼が心に負った傷はあまりにも深く、精神面での回復はまだまだ長い時間がかかりそうだということです。

生まれてまもない時期にディディックを襲ったあまりにも悲しい出来事。しかし、今はこうして無事に保護されて、たっぷりの愛情を注がれながら安心して暮らせていることが本当によかったと思います。彼の心の傷が癒され、笑顔になれる日が一日も早くやってきますように。

出典
International Animal RescueEmergency appeal for Didik the baby orangutan

Share Tweet LINE コメント

page
top