grape [グレイプ]

「吉田選手は私のヒーロー」勝利したマルーリス選手、涙の理由は…

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE コメント

素晴らしい実力と度重なる勝利から、『レジェンド』と称される吉田沙保里選手。

そんな吉田選手を、レスリング女子53kg級でアメリカのヘレン・マルーリス選手が破りました。

「この瞬間を、ずっと夢に見てきた…」

勝利の瞬間、マットに崩れ落ちて号泣したマルーリス選手。それには、理由がありました。

吉田沙保里選手に憧れ続けた、ヘレン・マルーリス選手

子どもの頃からレスリングが大好きだったマルーリス選手。彼女は活躍している女子レスリング選手たちの姿を見て、目を輝かせていました。

幼かった彼女が尊敬していた選手のひとりが、吉田沙保里選手でした。いつしか彼女は、「将来、吉田選手と戦いたい」と思うようになったのです。

吉田選手に勝つため、53kgに減量

大人になったマルーリス選手は2011年と2012年、吉田選手と戦いました。しかし、いずれもフォール負け…。再戦を望んだ彼女は、こう考えます。

「吉田選手ともう1度戦うために、2kg減量する!」

2016年、53kg級に出場する吉田選手と戦うため、約55kgあったマルーリス選手は2kg減量することを決意します。

大好きなチョコレートを完全に絶ち、家族や恋人との外食も我慢…。時々『とっておきの贅沢』として、好きではないピーナッツバターを少しだけ食べる生活を始めました。

ハードなレスリングの練習をしながらの減量は、とても過酷な日々だったと話すマルーリス選手。空腹を我慢するため、練習の後はすぐに寝ることにしていたと言います。

しかし、マルーリス選手は決して減量を諦めませんでした。憧れの吉田選手に勝つために…。

吉田選手に勝つため、いろいろな研究を重ねた

戦うには、対戦相手の情報を知ることが大切です。

マルーリス選手は吉田選手過去の試合の映像を見たり、ネットに掲載されたインタビュー記事を読んだりしました。インタビューを読むために、日本語の記事を翻訳したそうです。

「吉田選手のことを研究すればするほど、彼女を好きになりました」

その時のことを振り返り、マルーリス選手はこう話します。勝つための研究を重ねる度に、抱いた憧れはどんどん大きくなったそうです。

そして、ついに迎えた勝利の瞬間…

2016年8月、24歳になったマルーリス選手は再び吉田選手と戦うことになりました。

今日のために、数年間の過酷な減量やハードな練習に耐えてきたマルリース選手…。そして、ついに憧れの吉田選手を倒し、見事優勝の座をつかんだのです。

「優勝するというより、吉田選手を倒すために戦っていたことに気づきました。
憧れであり目標の、吉田選手…。私は、彼女のことが大好きです!」

泣きながら、マルーリス選手は表彰台に立ちました。ずっと夢見てきた吉田選手への勝利に、昂る気持ちを抑えることができなかったのでしょう。

ちなみにマルーリス選手は、元レスリング選手の山本聖子さんの教え子。当時王者と呼ばれていた山本さんを倒したのが、吉田選手でした。師匠に勝った人を教え子が倒したと考えると、さらにドラマティックですね。

「吉田選手に、勝ちたい!」

ずっとそのことだけを考え、練習をこなしてきたマルーリス選手。彼女にとって、この勝利はかけがえのない人生の思い出となったことでしょう。

ひとつの試合にこんなにも素敵なエピソードがあるだなんて、感動的です…。2人の姿を見て、かつてのマルーリス選手のように憧れを抱く少女が現れるかもしれませんね!

出典
helen_maroulis

Share Tweet LINE コメント

page
top