grape [グレイプ]

現代の子どもは、吉田沙保里を何だと思ってるの? 衝撃的な子どもの発言

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

鬼ごっこやかくれんぼなど、子どもの遊びは多種多様。また、柔軟な発想を持ち合わせた子どもらしく、独自のルールが考案されていることも。

ある日、シムカ(@smk_vanzandt)さんは、鼻水が出てしまうような『笑撃』のルールを耳にしたそうです。

※写真はイメージ

バリア!!もう攻撃はききませ〜ん!

子どもの遊びにおいて、あるあるワード1位を誇る「バリア!」。

バリアを張られたら、攻撃は無効、もしくはバリアが張られた領域は立ち入り禁止のルールが適用される、最強のワードです。

シムカさんが見かけた子どもも、ちょうど「バリア」を使って、相手の攻撃を防ごうとしていました。

しかし、現代の子どもたちはすごいもので、相手は最強の切り札を出してきたのです…!

残念でした〜!吉田沙保里だから関係ないです〜!

そんなルールありかよ…!!

『霊長類最強』と謳われるレスリングの吉田沙保里選手であれば、どんなバリアも無意味。吉田選手、最強か…!

この子どもならではの自由な発想と、センスあふれるルール。確かに、鼻水が出てしまうのも納得です。

シムカさんは子どもたちのやり取りをTwitterで紹介。すると、ツイートは10万回以上もリツイートされ「納得」「いまの子どもは、吉田沙保里をなんだと思ってるの?」と話題に。

全国の子どもたちが、吉田沙保里ルールを使うようになる日は近い…かもしれません。

なお、音楽活動をしているシムカさんは、自身が作曲した作品をTwitter上で公開中です。ぜひそちらもお聴きください。


[文・構成/grape編集部]

出典
@smk_vanzandt

Share Tweet LINE

page
top