grape [グレイプ] trend

「生きたい!」 がんで余命わずかの愛犬 台車で散歩に連れ出すと、驚異の回復を見せる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Facebook

アメリカのフロリダ州に住むジョーイ・マクスウェルさん。

約8年前に、ゴールデンレトリバーのマーベリックを、保護施設から引き取りました。

ジョーイさんの家族と、マーベリックは楽しい時間を過ごして来ましたが、2年ほど前に大きな試練が訪れます。

なんとマーベリックががんに侵されたのです。

この時は化学療法などを駆使して、完治しましたが、2ヶ月前に家族が最も恐れていたがんの再発が現実のものになります。

それからは、歩くことはもちろん、立ち上がることすらできない状態になってしまいます。

がんの進行によって食べることができない

マーベリックの病状はさらに悪化します。

自らの力では、水を飲むことも、食べ物を食べることもできず、動物病院に入院することになりました。

もしかしたら、マーベリックはもう家に戻って来られないかもしれない

そんな不安がジョーイさん一家を襲いますが、マーベリックは不屈の精神力を見せます。

治療の甲斐もあって、自宅に戻ることは許されました。

自分の力で歩くことはできませんが、それでもマーベリックの目は「生きることを諦めた目には見えなかった」とジョーイさんは言います。

「まだ生きたい!」

「もっと楽しいことをしたい!」

マーベリックが、そう訴えているように感じたジョーイさんは、ある決意をします。

それは「散歩に連れて行く」ということ。

歩けないマーベリックを外に連れ出すための台車を購入したジョーイさん。店の人に事情を伝えると、マーベリックのために半額で譲ってくれました。

その台車に、マーベリックを寝かせて、毎日散歩へと出掛けるジョーイさん。

毎日のように「今日が最後の散歩かもしれない」と覚悟をしながら、街を歩いていたと言います。

しかし、そんなジョーイさんの心配をよそに、マーベリックは少しずつ元気を取り戻して行きます。

もしかしたら、街の人たちの励ましが、マーベリックを元気付けたのかもしれません。

なんと自分で立ち上がれるまでに回復したのです!

自分で水を飲むことも、車いすを使って歩くこともできるようになりました。

困難に立ち向かって行く勇敢な犬

もちろん、マーベリックのがんが消えてなくなってしまったわけではありません。

しかし、これまではあまりにも体力がなくなっていたため、化学療法などの治療も行えない状態でした。

そこから回復したことで、さまざまな治療を行えるようになりました。

「治療と並行しながらも、マーベリックの生きる希望とも言うべき散歩は続けたい」と語るジョーイさん。

1度目のがんに侵された時のように、強靭な精神力で、病気を克服してほしいですね!

頑張れ、マーベリック!!!

出典
Everybody Loves Maverick

Share Tweet LINE コメント

page
top