grape [グレイプ]

会社を辞め、家を売った青年が唯一残したもの 1人と1匹の旅に、心温まる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Van Cat Meow - travelling cat

白いバンに乗り、オーストラリア付近を旅しているリッチさん。

彼のノープランな旅は、2015年の5月に、故郷のホバートを出発したところから始まりました。

2014年ごろ、10年近く勤めた会社を辞め、住んでいた家を売ったリッチさん。バンに入りきるだけの荷物を残し、所有物はすべて捨てたといいます。

「すべてを捨てて、旅に出よう」と決め、旅の準備をしていた彼には、ある1つの気がかりがありました。

それは、1匹の黒猫の存在。

この子の名前は、ウィローといい、好奇心おう盛な性格の女の子です。

元々保護センターにいたところを、リッチさんに引き取られました。

「どうしてもウィローを置いてはいけない」と思ったリッチさんは、彼女を連れて行くことを決意します。

1人と1匹で目にした光景

すべてを捨てた1人の青年と、1匹の黒猫の旅は、喜びと驚きの連続!

旅の様子を載せたリッチさんのFacebookは話題となり、多くのファンを集めています。

それでは、旅の様子をいくつかご紹介します。

巨大エビの前で、パシャリ

森の中で、コーヒーブレイク

バンの中で、お気に入りの場所はココ

リッチさんたちが旅の道中で出会ったのは、初めて目にする動物や、その土地へ行かなければ知らずにいたであろう人々たち。

2017年の2月には、オーストラリアのすべての州を訪問し終えたのだそうです。

リッチさんは、共に旅するウィローのことを「誇りに思う」と語っています。

これからも続いていく、1人と1匹の冒険。ウィローの小さな足は、まだ見知らぬ多くの土地を歩き、小さくも大きな足跡を残していくことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
Van Cat Meow - travelling cat

Share Tweet LINE コメント

page
top