grape [グレイプ]

スピードワゴン小沢「一番、イヤなのは…」 山口達也の強制わいせつ問題に、独自の見解

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

さまざまな番組で取り上げられている、TOKIO山口達也さんの強制わいせつに関する問題。

2018年4月25日の第一報以降、山口さんに対する非難はもちろん、「どこに問題点があったのか」「相手の女性に非はないのか」など、TVやネットで多くの意見が飛び交っています。

特に、4月26日に山口さん自身が会見を行い、「お酒の問題で入院をしていた」と語ったことから、「お酒が悪い」という論調も…。

現役の、しかもトップアイドルが起こした事件ということもあり、沈静化の気配はまだ見えません。

スピードワゴン小沢さん特有のいい回しに?

2018年4月29日に放送された情報バラエティ『ワイドナショー』(フジテレビ系)でも、山口さんの問題が取り上げられました。

MCの松本人志さんやミュージシャンの泉谷しげるさんが自身の意見を述べる中、満を持してスピードワゴン小沢一敬さんが口を開きます。

小沢さんといえば、独自の恋愛論や特殊な見識で、好き嫌いがハッキリと分かれるキャラクター。『セカオザ』と呼ばれる、ある意味で唯一無二の芸人さんです。

そんな小沢さんが何を語ったのかというと…。

僕は今回の(問題)で、一番イヤな気持ちになったのは…「女性は誰だ?」って割り出そうとするネットの人たち、とか。

「家に行った女性が悪い」っていってる人たちっているじゃないですか。

それは………好きじゃない。

ワイドナショー ーより引用

被害に遭った女性の素性を割り出そうとする人や、「被害に遭った女性が悪い」と非難する人を批判するのかと思いきや…「好きじゃない」と語るにとどまります。

この発言に、共演者も一瞬「?」という表情を見せるも…何ごともなかったかのように、山口さんの話題が続きました。

小沢さんの発言に対し、「被害者がいる事件なのに不謹慎だ」「何をいいたいのか、意味が分からない」という意見がある一方、「誰も傷つけない小沢さんらしい発言ですね」といった声も。

・小沢さんは誰かを否定するような発言をしない。好き嫌いの問題にすり替えて、女性を特定しようとする人や女性を非難する人を改心させようとしたのでは?

・セカオザらしいコメント。いい悪いではなく、好き嫌いで語る小沢さんは好感が持てます。

・「胸クソ悪い」っていうと角が立つけど、「好きじゃない」っていうと個人の意見をいっているだけに聞こえる。意外と深い言葉ですね。

注目を集める事件だからこそ、さまざまな意見があるのは当たり前のことです。

「人の意見や振る舞いを否定してはいけない」とはいいませんが、それによって不快に感じる人もいます。

もしかしたら、小沢さんはそういった事態を避けるために、あえて「好き嫌い」でこの事件を語ったのかも…しれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
ワイドナショー

Share Tweet LINE コメント

page
top