grape [グレイプ]

石田ゆり子が、美容のためにベッドで行うことに驚き! 家への考えかたがスゴイ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

女優として活躍する石田ゆり子(いしだゆりこ)さん。

いつまで経っても変わらない若々しさから『奇跡のアラフィフ』ともいわれ、老若男女問わず多くの人から「可愛い!」と支持されています。

そんな石田ゆり子さんの美容に関するコツや、家についての独特な考え、結婚観など、さまざまな情報をご紹介します!

石田ゆり子ってどんな人?

まずは石田ゆり子さんのプロフィールをチェックしていきましょう!

生年月日:1969年10月3日

出身地:東京都

血液型:A型

所属事務所:風鈴舎

石田ゆり子さんが芸能界に入ったのは、高校1年生の時に受けたスカウトがきっかけ。

当初はモデルやキャンペーンガールとして活躍し、女優としてデビューしたのは1988年に放送されたドラマ『海の群星』(NHK)に出演した時でした。

『全日空沖縄キャンペーン』のイメージガールとして活躍する石田ゆり子さん 1987年

同時期にデビューした女優の石田ひかりさんとは、実の姉妹。以前は、石田ひかりさんの人気があまりに高く、石田ゆり子さんは「石田ひかりのお姉さん」といわれることが多かったそうです。

しかし、石田ゆり子さんも映画『悲しい色やねん』や、多くのサスペンスドラマに出演して着実にキャリアを積み、ドラマの主演を務めるほどの女優になっていきます。

特に1997年に放送されたドラマ『不機嫌な果実』(TBS系)では不倫に走る人妻役を熱演し、多くの人を驚かせました。この時、自分の演技力のなさを痛感し、仕事への考えかたを改めたといいます。

『不機嫌な果実』制作発表会に出席した石田ゆり子さん 1997年

それからも数多くのドラマや映画に出演した石田ゆり子さん。

ベテラン女優になっていた彼女が、さらに大きな注目を浴びることになったのが、2016年放送のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)です。

同作では、恋愛経験がなく仕事のみに生きる、アラフィフのキャリアウーマン・土屋百合(つちやゆり)を演じました。百合が見せる凛とした姿と、反面、恋愛にはとても不器用な姿は多くの人をキュンキュンさせ、一躍人気に。

また、百合がドラマの最終話で、恋敵である若い女性・杏奈から「50にもなって若い男に色目を使うなんて虚しくありませんか」などといわれ、それに対して語った言葉が、多くの人の心をとらえました。

自分の若さに価値を見出しているのね。
私がむなしさを感じることがあるとすれば、あなたと同じように感じている女性がこの国にはたくさんいるということ。

いま、あなたが価値がないと切り捨てたものは、この先あなたが向かっていく未来でもあるのよ。
自分がバカにしていたものに、自分がなる…それって、つらいんじゃないかな?

私たちの周りにはね、たくさんの『呪い』があるの。あなたが感じているのも、その1つ。

自分に『呪い』をかけないで。
そんな恐ろしい『呪い』からは、さっさと逃げてしまいなさい。

逃げるは恥だが役に立つ ーより引用

この言葉に、多くの人が共感。石田ゆり子さんと共通点が多くある百合のセリフは、「本当に石田ゆり子さんがいっているみたい」と感じた人も多かったようです。

nigehaji_tbsさん(@nigehajigram)がシェアした投稿 -

2016年10月、石田ゆり子さんはInstagramをスタート。あまり知られていなかったプライベートの写真を投稿し、『逃げるは恥だが役に立つ』の影響もあって「可愛い!」と評判になり、またたくまに大人気となりました。

石田ゆり子の美容法が気になる! ケアの仕方も『石田ゆり子流』?

これだけ可愛らしい石田ゆり子さんなので、「どうやったらあんな美貌を保てるんだろう」と、ファンから声が上がることも少なくありません。

石田ゆり子さんはフォトエッセイ『Lily 日々のカケラ』の中で、その美容法を公開しています。

まず、心がけているのは「健康で幸せであることが、美しさにつながる」ということ。食やスキンケアだけでなく、心のケアも重要だと考えているようです。

石田ゆり子さん(@yuriyuri1003)がシェアした投稿 -

心のケアに関して、石田ゆり子さんがベッドで行っているのは、こんなことでした。

一日の終わり、ベッドに潜り込む瞬間は至福の時間です。

わたしは毎日呪文のように「今日も一日ありがとうございました」と呟きます。

そして深呼吸して、あしたもよろしくおねがいしますと言いながら、笑って寝ます。いや、「微笑んだ顔で」眠ります。

『Lily 日々のカケラ』 ーより引用

1日の終わりに、自分に「ありがとう」といってから、笑顔で眠る。自分の心と身体を、しっかりいたわってあげることが、石田ゆり子さんのような魅力的な人になるコツなのかもしれませんね。

石田ゆり子の『家』に関する考えかたが素敵!

石田ゆり子さんが、以前住んでいたマンションの部屋を売却し、新たに家を建てたことも話題になりました。

その家は推定3億円といわれるほどの豪邸で、ゆったりした空間にこだわりがある石田ゆり子さんは、インテリアにも並々ならぬ愛情を持っているのだとか。

石田ゆり子さんは当時、ゴールデンレトリバーと猫2匹を飼っていて、以前の家では手ぜまになったというのが、引っ越した理由だといわれています。

こちらは、石田ゆり子さんのペットたちと、部屋の一部が写った写真です。とてもオシャレですね。

石田ゆり子さん(@yuriyuri1003)がシェアした投稿 -

石田ゆり子さんにとって家とは『巣』のようなもので、「ぬくぬくしながら疲れを癒す場所だ」といいます。

「家には人格のようなものが備わっている」といい、どんな部屋でも人間関係と同じで次第に仲よくなり、居心地がよくなると考えているそう。

なんだか、石田ゆり子さんらしいと思ってしまう、素敵な考えかたですね。

石田ゆり子は結婚についてどう考えてるの?

石田ゆり子さんは、自身の結婚についてどのように考えているのでしょうか。

「ずっと独り身でと考えているのでは」との意見もありますがそんなことはなく、「独身主義ではなく、人生をともにするパートナーとはいつだって会いたい」とTV番組など、さまざまなところで語っています。

石田ゆり子さん(@yuriyuri1003)がシェアした投稿 -

以前は「自然と結婚できるのは」と考えていたそうですが、恋愛に奥手でなかなか人を好きにならないそう。一時は、うまくいかないことに本気で悩んだこともあったのだとか。

恋愛に関して苦手意識がある石田ゆり子さんですが、互いを尊重できて、穏やかな日々をおくれる人を求めているようです。

どんな人が石田ゆり子さんの心を射止めるのか、気になりますね!

石田ゆり子の現在は?

石田ゆり子さんは2019年3月放送のスペシャルドラマ『名探偵・明智小五郎』(テレビ朝日系)に出演しました。

また、2019年11月公開の映画『マチネの終わりに』でヒロイン・小峰洋子役を演じることが決定しています。

『マチネの終わりに』あらすじ

物語は、クラシックギタリストの蒔野と、海外の通信社に勤務する洋子の出会いから始まります。

初めて出会った時から、強く惹かれ合っていた二人。しかし、洋子には婚約者がいました。

やがて、蒔野と洋子の間にすれ違いが生じ、ついに二人の関係は途絶えてしまいます。互いへの愛を断ち切れぬまま、別々の道を歩む二人の運命が再び交わる日はくるのかー

『マチネの終わりに』特設サイト ーより引用

女優としても、1人の女性としても魅力にあふれた石田ゆり子さん。これからの活躍も楽しみにしています!


[文・構成/grape編集部]

出典
石田ゆり子 オフィシャルサイト逃げるは恥だが役に立つ オフィシャルサイトnigehajigramyuriyuri1003Lily ――日々のカケラ――『マチネの終わりに』特設サイト

Share Tweet LINE

page
top