grape [グレイプ]

大杉漣「ありがとう サッカー」 息子が見つけた直筆文章に涙

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2018年2月21日に急性心不全で亡くなった、俳優の大杉漣さん。突然の訃報に、多くの人が悲しみの声を上げました。

そんな大杉さんの息子・大杉隼平(@shumpeiohsugi)さんが、2018年6月14日に開幕し、ロシアで行われている『2018 FIFAワールドカップ』への応援の気持ちを込めて、『父の直筆の文章』を公開。

そこには、大杉さんの『あふれるサッカー愛』がつづられていました。

サッカー愛をつづった直筆文章

大杉さんは「夢はプロサッカー選手」と語るほどのサッカー好き。

国内外のサッカーを見たり、自分でプレーしたり…さらに、出身地である地元・徳島のサッカーチーム『徳島ヴォルティス』のサポーターとして、チームを応援していることも有名でした。

大杉さんのサッカー愛が強く伝わる文章がこちらです。

47年間、共に歩んできたサッカーに向けた、大杉さんのひと言が胸に刺さります。

大杉さんの手紙を読んで、多くのファンが感動の声を上げました。

・漣さんのサッカーへの愛情が伝わってきます。きっとロシアでワールドカップを楽しまれているでしょう。

・ワールドカップが始まって、漣さんも天国でウズウズしていそう。

・好きなものに理屈はいらない…素敵な言葉ですね。

もしかしたら大杉さんも、空の上から日本代表を応援しているかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@shumpeiohsugi

Share Tweet LINE コメント

page
top