grape [グレイプ]

檀れいと及川光博の離婚に「ショック…」 宝塚時代にイジメにあっていた!?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

女優として活躍している檀れいさん。

宝塚時代から見せるその可愛さや演技力は、男女問わず大きな支持を集めています。

そんな檀れいさんと及川光博さんとのエピソードや、宝塚時代にあったと噂される『いじめ』についてなど、さまざまな情報をご紹介します!

檀れいってどんな人?

まずは檀れいさんのプロフィールをチェックしていきましょう!

生年月日:1971年8月4日

出身地:兵庫県

血液型:A型

身長:162cm

所属事務所:松竹エンタテインメント

高校生の時にスカウトされ、読者モデルなどをしていた檀れいさん。大学受験も視野に入れていましたが、芸能界への憧れが強くなり、宝塚音楽学校を受験。超難関といわれる試験に見事、合格しました。

1992年に宝塚歌劇団に入団。しかし、ほかの生徒とくらべてダンスや歌などの経験が浅かった檀れいさんの成績は、なんと最下位だったそうです。

雪組の舞台『この恋は雲の涯まで』でデビューすると、月組、星組と異動しながら活動を続け、技術を磨いていきました。

転機となったのが、1998年公開の『浅茅が宿』。ヒロインに抜擢され、翌年から、月組のトップスターとして絶大な人気を誇った真琴つばささんの相手役に選ばれました。当時は、その実力が仲間やファンから認められず、苦労したこともあるそう。

真琴つばささんが退団してからは、特定の組に所属しない団員の集まり『専科』に異動。経験を積み、2003年には星組のトップ娘役になり、さまざまな作品で活躍しました。

2005年に惜しまれながら宝塚歌劇団を退団すると、TVや映画へと活躍の舞台を移します。

TVや映画への出演が増え始めたころの檀れいさん 2006年

映画『武士の一分』に出演すると、日本アカデミー賞優秀主演女優賞など多くの賞を受賞。これを皮切りに映画やドラマに数多く出演するようになり、その存在が広く知られるようになっていきました。

現在もその活躍は続いており、第一線の女優として幅広い支持を集めています。

檀れいはCMでも活躍中! ビールのCMが話題に

檀れいさんは映画やドラマ、舞台だけでなく、CMでも活躍しています。

特に第3のビール『金麦』のCMは注目度が高く、檀れいさんのどんな姿が見られるかを楽しみにしている人が多いようです。

金麦『いっしょに帰ろ』篇

金麦『夏をつまみに』篇

金麦『丘をこえて』篇

CMを見た人からは、多くのコメントが寄せられています。

・男は大体、金麦の檀れいが好きだと思う。

・檀れいさんに「おかえり」っていってもらいたい。

・CMみたいに無邪気にはしゃぐ檀れいを、ずっと見ていたい。好き。

檀れいはいじめにあっていた? 真琴つばさが衝撃告白

ほとんどの人がバレエや声楽などを学んだ上で受験するという宝塚音楽学校に、短い準備期間で受験に臨み、合格した檀れいさん。

そのダンスや歌が周囲の人やファンから「ヘタ!」といわれることもあり、一部報道ではいじめにあっていたと伝えられました。

特に、トップスターである真琴つばささんの相手役に選ばれたことは喜ばしい反面、さまざまなやっかみを受ける結果になったようです。

真琴つばささん

そんな宝塚歌劇団内のいじめについて、2013年9月25日放送のトーク番組『徹子の部屋 宝塚元スター座談会SP』(テレビ朝日系)で言及される場面がありました。

同番組には、元タカラジェンヌの寿美花代(すみはなよ)さん、鳳蘭(おおとりらん)さん、真琴つばささん、檀れいさんがゲスト出演。

同じく出演していたお笑いタレントの大久保佳代子さんから「笑いながらも、裏ではピリピリしたものがあったのかなって」という言葉が飛ぶと、寿美花代さんは「その通り」と認める発言をします。

続いて鳳蘭さんも「若くして役がつくと『くやしい』ってなるのかもしれない」と、劇団内に嫉妬があることをほのめかしました。

すると、真琴つばささんがこんな爆弾発言をします。

私がいじめた経験は、檀れいさんしかいないです。泣かせました。

徹子の部屋 ーより引用

これにはスタジオも騒然。しかし、檀れいさんは笑いながら「そんなことないです」と否定し、こう語りました。

舞台に対してはとても厳しい先輩だったんですけど、根底に愛情があるので、一生懸命、真琴さんの後をついっていったって感じです。

徹子の部屋 ーより引用

いじめにあっていたと噂される檀れいさんですが、パートナーであった真琴つばささんとの関係だけでいえば、厳しい上下関係がありつつも良好であったことがうかがえました。

檀れいと及川光博の関係性は?

2011年7月に、ミュージシャンで俳優の及川光博さんと結婚した檀れいさん。その関係性はどのようなものなのでしょうか。

及川光博さん

2016年11月7日放送の『徹子の部屋』に檀れいさんが出演した時に、2人のプライベートが垣間見える場面がありました。

まず、及川光博さんと結婚したことについて、「自分が結婚するとは思わなかった」とコメント。そして、このように語ります。

この人と結婚したいと思ったのが主人だったので…。本当に、結婚っていいなというか、結婚してよかったなってすごく思います。

徹子の部屋 ーより引用

そう微笑んだ檀れいさん。続いて、トークは2人の朝食の話に。

檀れいさんは忙しい日々を送りながらも、毎朝、朝食を作っているそうで「主人は旅館のような朝食が好きな人なので、朝にご飯と味噌汁があるとすごく喜びます」と、及川光博さんの好みに合わせていることを明かしました。

一方、夫である及川光博さんもバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)で檀れいさんとの結婚生活を明かしています。

檀れいさんが料理の腕をふるってくれる分、及川光博さんは洗い物などの片付けや、電球を付け替えるなど料理以外の家事を行っているそう。

檀れいさんのことを「壇ちゃん」と呼び、デートでは宝塚を観劇することもあると告白。舞台を見終わった後はバーに行ってお酒を飲み、その後、食事に行くのだとか。

別にTV番組では、妻にきちんと「愛している」という言葉を伝えていることを明かし、視聴者から称賛の声が上がったこともありました。

檀れいと及川光博が離婚 ファンからは「ショック…」

そんな『おしどり夫婦』として知られた檀れいさんと及川光博さんでしたが、2018年11月28日に離婚を発表しました。

2人はFAXで、報道各社にこのように報告しています。

この度、及川光博と檀れいは11月28日円満に離婚したことをここに報告させていただきます。

それぞれの未来のために二人でよく話し合った結果、本日離婚届を提出しました。

出会いから9年、2011年7月に夫婦となってから7年間、共に学び、支えあい、仲良く過ごしてまいりましたが、互いが仕事に集中するあまり、時間的にも精神的にもゆとりが持てなくなってしまったのが実情です。

共に表現者として尊重しあい、笑顔で出した結論です。

今後も努力し精進してまいりますので、どうか温かく二人を見守っていただけますようお願い申し上げます。

離婚の理由を、「仕事に集中するあまり、時間的にも精神的にもゆとりがなくなった」と説明した2人。お互いの意見を尊重した『円満離婚』であることを明かしています。

しかし、一部では「檀れいさんの完璧主義ともいえる性格が負担となり、夫婦の間に溝を作ってしまったのでは」という声も。真偽は分かりませんが、2人がしっかりと話し合った結果であれば、それが正しい選択なのかもしれません。

この報告にファンもショックを受けたようで、ネットにはさまざまな声が上がっています。

・お似合いの2人だったのに、かなりショック…。

・さみしい。でも、2人が出した結論なら応援したいと思う。

・2人ともまだ若いし、新しい道があるのでは。

及川光博さんについて詳しく知りたい人は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

檀れいの現在・これからは

檀れいさんは2018年9月公開の舞台『オセロー』や、同時期公開の映画『『累 -かさね-』に出演しています。

『累 -かさね-』予告

また、同年11月放送の時代劇『無用庵隠居修行2』(テレビ朝日系)への出演や、ドキュメンタリー番組のナレーションも担当しました。

仕事とプライベートの両方に注目が集まる檀れいさん。これからも目が離せません!


[文・構成/grape編集部]

出典
松竹エンタテインメント金麦『いっしょに帰ろ』篇 15秒 檀れい サントリー CM金麦『夏をつまみに』篇 15秒 檀れい サントリー CM金麦『丘をこえて』篇 15秒 檀れい サントリー CM徹子の部屋しゃべくり007「累 -かさね-」【予告】9月7日(金)公開

Share Tweet LINE コメント

page
top