grape [グレイプ]

高良健吾の『性格』が意外? あの女優に「女心が分からない人」といわれた理由は

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

俳優として活躍する高良健吾(こうらけんご)さん。

演技に対する真摯な姿勢は、ファンのみならず共演者からも称賛の声が上がることもあります。

そんな高良健吾さんのあまり知られていない生い立ちや、共演者の女優に「女心が分からない」といわれてしまったザンネンなエピソードなど、さまざまな情報をご紹介します!

高良健吾ってどんな人? 出演したドラマや映画は

まずは高良健吾さんのプロフィールをチェックしていきましょう。

生年月日:1987年11月12日

出身地:熊本県

血液型:O型

身長:176cm

所属事務所:テンカラット

父親の仕事の関係で引っ越しが多かった高良健吾さん。子ども時代はそのことで親に反抗したことや、少しだけ引きこもった時期があったそうです。

高校時代、地元・熊本のタウン誌でモデルデビューすると、同誌の副編集長から東京の芸能事務所の社長を紹介され、高校卒業と同時に芸能界入り。

2005年、ドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)の第2シリーズで俳優デビューするやいなや一気にブレイクします。

翌2006年には『ハリヨの夏』で映画デビュー。

2008年公開の映画『蛇にピアス』では、全身に刺青をいれ、顔中にピアスを付けた男『アマ』役に挑戦。迫力ある演技が注目を集めました。

2011年、『時計じかけのオレンジ』で舞台に初挑戦。2013年には主演映画『横道世之介』で第56回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞しています。

第57回ブルーリボン賞・授賞式 司会の高良健吾と貫地谷しほり 2013年

また第71回カンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞した、2018年の映画『万引き家族』にも警察官役で出演。

どんな役柄もこなす演技派俳優として高く評価されています。

『高良健吾』の出演作品を探す

高良健吾のCMがカッコいい!

映画のイメージが強い高良健吾さんですが、よくよく調べてみるとユニクロやGUを始め、サントリーの『金麦』、創味食品の『創味シャンタン』など、実に多くの企業CMに出演していました。

2016年のキリン『淡麗 極上<生>』のCMでは、都内で働く中間管理職のサラリーマン『淡麗侍』を演じて話題に。

キリンビール発泡酒の「淡麗 極上<生>」の新CM発表会に登場した俳優の高良健吾 2016年

高良健吾の性格は?「女心がわかってない」って本当?

ところで高良健吾さんといえば、熊本県出身。ということは、『九州男児』らしく亭主関白…と思ってしまいますが、意外にそうでもないようです。

2011年公開の映画『白夜行』の完成披露試写会では、共演した元女優の堀北真希さんが高良健吾さんの印象をこのようにコメント。

「私も高良さんも人見知りで、お互い現場でおしゃべりもないし、取材で会うぐらいなのに、私のことを凄く“たくましい人”って言うので、もう少し繊細な部分とかも知ってほしいです(笑)」

asobist.com ーより引用

映画「白夜行」の初日舞台あいさつ 左から船越英一郎、堀北真希、高良健吾、深川栄洋監督 2011年

また2015年2月8日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)にゲスト出演した際には、俳優の東出昌大さんが親友としてVTR出演。

過去に女優の井上真央さんから「こうちゃん(高良)と東出くんは女にモテないでしょ」「女心がわかっていない」といわれたことがあると明かしていました。

高良健吾の演技、芝居に対する考えかたが真面目!

しかし、ひとたび演技に入ると一瞬でスイッチが切替わるのはさすが俳優。

2018年6月14に行われた、映画『万引き家族』の大ヒット御礼舞台挨拶では、是枝裕和監督が高良健吾さんについてこのように語っていました。

「まっすぐなところが好きで、チャンスがあればいつかと思いながら活躍を見ていました。大きなスクリーンの似合う役者だと思っているので、ご一緒できてよかった」

マイナビニュース ーより引用

東京都内で行われた主演映画「万引き家族」の大ヒット御礼舞台あいさつに出席した前列左から城桧吏、佐々木みゆ、後列左から是枝裕和監督、山田裕貴、リリー・フランキー、高良健吾 2018年

2018年にWOWOWで放送された連続ドラマW『バイバイ、ブラックバード』のインタビューでは、役者を続けていく『覚悟』について、このように答えています。

そう、覚悟です。お芝居をしていて、そこで何か良いハプニングが起こったとしても、ただ勢いでやっていたら、それは「待っている」ことになると思うんです。でも、今回のように、自分たちで意識的にやっていたことで何か良いハプニングが起きたら、それは自分たちが「呼んだ」ことになる。そういうものを、これからどんどん増やしたいですね。

CINRA.NET ーより引用

30歳という年齢の節目もあり、役者としての使命感が増しているのかもしれませんね。

高良健吾の最新情報

高良健吾さんは、2019年10月放送のドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系)で主演を務めています。

モトカレマニア あらすじ

現在失業中の27歳・難波ユリカ(新木優子)は、見た目が悪いわけではなく、コミュニケーション下手というわけでもないのに上手く恋愛ができない。その理由は、初めて付き合った彼氏、“マコチ”こと斉藤真(高良健吾)との恋愛にあった。

ユリカは、初めての恋愛で、好きになった人とごく自然に付き合う、という経験をしたが、当時の彼女はその尊さがわかっておらず、些細なすれ違いからマコチを振ってしまう。

だが、次に付き合った男はクズ、その次に付き合った男はもっとクズ……という失敗を経て、上手く恋愛が出来なくなってしまったユリカが出した答えは、『幸せだった過去の恋の時間に浸る』ことだった。

元カレとの思い出を源泉に、切なく甘酸っぱい恋愛描写で人気の小説家・丸の内さくら(山口紗弥加)の小説を愛読し、マコチとの幸せな思い出に浸っては心の中でマコチとの妄想の会話を繰り広げるユリカ。

毎朝SNSでマコチのことを検索する日々を送るユリカは、初対面の男性に対しも“モトカレスカウター”なるものを起動させ、マコチとのかすかな共通点を見つけることに喜びを感じていた。

親友のネイリスト・周防ひろ美(よしこ)は、ユリカを心配し、「不毛なことをしている場合じゃない」「現実を見ようよ」とアドバイスする。

するとユリカは、マニアとはそういうもの、と開き直る。他人に迷惑をかけず、好きなものに全力で熱中し、浸る――私はモトカレマニアなのだから、と……。

失業保険がもうすぐ切れる上、アパートの更新も近づいていたユリカは、チロリアン不動産の面接を受ける。

社長の安藤一朗(小手伸也)は、部下の大沢将(森田甘路)、白井忠文(関口メンディー)とともに、過去の失敗から、女性とはお酒を飲みに行かない“ハラミ会(ハラスメントを未然に防ぐ会)”を結成するほどリスクヘッジに敏感な男だが、ユリカの強引さに押され、取り敢えず仮採用することを決める。

そこでユリカは、初めてひとりの客を担当することになった。異動で北海道から上京してきた大手食品会社勤務の理系男子・山下章生(浜野謙太)だ。山下が食べ歩きが趣味のグルメマニアだと知ったユリカは、同じマニア気質を持つ者として彼にシンパシーを抱く。

そんな折、ユリカは、大阪に出張していたというもうひとりの社員と顔を合わせる。何とそれは、マコチだった――。

『モトカレマニア』オフィシャルサイト ーより引用

また、2019年12月公開の映画『カツベン!』にも出演します。

派手な若者から真面目な好青年、コミカルな現代劇からチャンバラ時代劇まで、さまざまな役を見事に演じ切る高良健吾さん。

本格的な演技派俳優として、これからの活躍が楽しみですね!

『高良健吾』の出演作品を探す


[文・構成/grape編集部]

出典
テンカラットインライフライブドアニュースシネマトゥデイasobist.comCINRA.NETよしもとニュースセンター「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」キャストコメント/高良健吾おしゃれイズムオリコンニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top