grape [グレイプ]

「こんな食べ方があるなんて!」絶品漁師めしに感動、『魚フェス』の人気メニュー

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

・1年間、待ってました!

・昨年行って楽しかった。またあの料理が食べたい!

・おいしそう!行ってみたい。

日本各地の新鮮な魚介を楽しめる食のイベント、『第4回 ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル2018 ~全国魚市場&魚河岸まつり~』 が11月22日(木)~25日(日)の4日間、東京都千代田区の日比谷公園で開催されます。

前回は期間中14万人が来場し、大盛況だったこちらのイベント。開催前から期待の声が高まっています。

今回は、80ブースから90ブースへと拡大し、新たなメニューも多数登場。見ているだけでお腹が空いてくる海鮮料理の数々をご紹介します!

今年も食べたい!定番人気メニュー

豪華すぎる!北海道の海の幸大集合の海鮮丼

旬の味覚がつまった『北海5種盛り海鮮丼』が、今回はなんと『8種盛り』にパワーアップ!これ1つで北海道の海鮮を満喫できます。

体が芯から温まる、あんこう肝鍋

前回1番人気だった宮城の『あんこう肝鍋』。『海のフォアグラ』といわれる、あんこうの肝を贅沢に投入し、地元農家が生産した長ネギと無添加の麹味噌で合わせています。ほっとするおいしさに、やみつきになってしまう人が多いのだとか。

初出品!注目の料理

アヒージョ和え麺

日本アヒージョ協会から今回初めて出品される『アヒージョ和え麺』は『世界タパスコンペティション 日本予選』で優勝したという話題の新メニュー。魚介のうま味が凝縮された一品です。

深海魚天ぷら

深海魚の展示で有名な竹島水族館から館長監修のコラボメニュー『深海魚天ぷら』が登場。めずらしくておいしい深海魚を、サクサクの天ぷらで堪能できます。

福島復興応援企画も

福島県の水産業復興を応援するべく、今回は新たに『福島のお魚を食べようエリア』をオープン。福島県産の魚介をふんだんに使った名物丼や郷土料理が登場します。

また『日本橋ふくしま館 MIDETTE』も出張出店! 物産品はもちろん、酒どころ福島ならではの『日本酒飲み比べセット』も販売されます。

ひらめと穴子の常磐もの丼

福島県いわき市で水揚げされた海鮮は『常磐もの』と呼ばれ、昔から定評があります。

そんな『常磐もの』の高級魚ヒラメと穴子をふんだんに使った丼ぶりは、ひと口食べると上品な甘みが口の中いっぱいに広がります。

ビールと合う!さんまのポーポー焼き

『さんまのポーポー焼き』は旬のさんまのすり身と味噌、薬味を混ぜ合わせて焼いた福島いわきの漁師飯です。 熱々ジューシーなポーポー焼きは、日本酒との相性も抜群!

ほかにも『こぼれいくら丼』や『濃厚海老スープの海鮮パエリア』など魅力あふれる料理がたくさん。

アルコールも各種販売されているので、ビールや日本酒を片手に屋台をまわるのも楽しそうですよね。

魚好きな『あの人』もやってくる!

開催最終日の11月25日(日)には、全国各地の魚料理のコンテスト、『Fish-1グランプリ』も実施されます。

特別審査員として、魚類学者のさかなクンも登場予定!さかなクンによる、楽しい『お魚トーク』も聞けるかもしれません。

都内にいながら日本全国の多種多様な海鮮料理が食べられる『ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル2018』。魚がおいしいこれからの季節に、ぴったりなイベントです。

第4回『ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル2018』~全国魚市場&魚河岸まつり~

日付:2018年11月22日(木)~ 25日(日)の4日間
開催時間:11月22日(木)11:00~21:00
11月23日(金)11:00~21:00
11月24日(土)10:00~21:00
11月25日(日)10:00~18:00
会場:日比谷公園 噴水広場~第二花壇~にれの木広場(東京都千代田区)
入場料:無料(飲食代は別途)


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE