grape [グレイプ]

尾野真千子が結婚したのはどんな人? 性格や下積み時代のエピソードに驚き

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

「ザ ベスト ビューティスト アワーズ 2016」の授賞式に登場した女優の尾野真千子

女優として活躍している尾野真千子(おのまちこ)さん。

その美しさはもちろん、高い演技力で多くの人の目を引きつけています。

そんな尾野真千子さんの結婚や、性格についてなど、さまざまな情報をご紹介します!

尾野真千子は結婚と離婚を経験 語った言葉は

尾野真千子さんは2015年7月に、芸能事務所『LDHジャパン』の専務取締役を務める男性と結婚しました。

2人は2014年の夏に出会い、約1年間の交際を期間を経て晴れて夫婦に。サンケイスポーツによると、お相手の男性はこのような人だといいます。

関係者によると、夫になったLDH専務取締役の男性は、ゴルフなどが趣味のスポーツマンでイケメンだ。

明るく爽やかな性格で、同社社長でもあるEXILEのリーダー、HIRO(46)や所属アーティスト、スタッフからの信頼が厚いことでも知られる。一卵性双生児の兄は副社長を務めている。

サンケイスポーツ ーより引用

結婚から約1年後に行われた、主演ドラマ『はじめまして、愛しています。』(テレビ朝日系)の完成試写会に参加した尾野真千子さんは、結婚生活についてこう語っていました。

私が話すことが好きなので、主人ともよく話はしますね。

結婚してから忙しかったので、主人と彼の趣味を共有したい。

忙しいながらも、コミュニケーションはとれていることを明かしていた尾野真千子さん。

順調と思われた2人の関係ですが、結婚から約2年後の2017年9月に離婚を発表しました。理由は多忙によるすれ違いとのこと。

尾野真千子さんは主演作を含め数多くのドラマや映画に出演するなど、撮影に追われる毎日。一方、お相手の男性も、このころLDHジャパンが世界進出に動きだしたことを理由に海外出張が増え、2人の間の溝が深まっていってしまったようです。

尾野真千子さんは報道各社へ、このようなメッセージを送りました。

お互いにいい刺激を与えあってはいましたが、夫婦という生活にはなりませんでした。

私が求める生活と彼が求める生活の違いから、お互い新しい道を進んだほうが幸せになれると考えました。

一度は夫婦となれたことを感謝しながらお互いに前進したいと思います。

尾野真千子の性格は? 普段の生活に「分かる」

そんな尾野真千子さんの性格はどのようなものなのでしょうか。

2017年11月2日放送の情報バラエティ番組『PON!』(日本テレビ系)では、尾野真千子さんのさまざまな一面が紹介されました。

この日は、お笑いタレントのブルゾンちえみさんと『with B』の2人が登場。尾野真千子さんのクセや普段の行いの真偽を問います。

まずは、尾野真千子さんは「人のふくらはぎを足の親指と人差し指でつねる」との情報が。尾野真千子さんはこれに「正確にいえばマネージャーの」と語り、よくマネージャーのふくらはぎをつねるイタズラをしていることを告白しました。

また、「ロケ先に古い服を持っていって捨てる」という行いも暴露されます。ブルゾンちえみさんから「これは本当ですか?」と聞かれると、尾野真千子さんは恥ずかしそうに「本当」とぽつり。詳細を語ります。

あのね、穴空いちゃったりとか「もうこれは外に来ていけねぇな」ってやつを持って行って、そこでサヨナラして帰る。

それ用の服たちのコーナーが家にはある。

PON! ーより引用

どうやら、いらない服をロケ先に持って行って捨てるという習慣があるようです。

その後、尾野真千子さんは「片付けが苦手」という話に。

お片付けね。やるんですけどね、苦手。

一応、綺麗にしようとはするんです。一旦、綺麗になります。

2日後には(服が)ビィヤーッてなってる

PON! ーより引用

片付けても、すぐに洗濯して干した服をハンガーごと床に広げてしまうそうで、服を着る時はそこからとって身につけているとのこと。ブルゾンちえみさんはこれに「分かる!」と共感していました。

こういったエピソードから、尾野真千子さんはあまり細かいことは気にしない性格であることがうかがえます。

尾野真千子の下積み時代がすごい!

尾野真千子さんが2018年7月20日放送のクイズバラエティ番組『ぴったんこカン・カン』(TBSテレビ系)に出演。下積み時代の苦労を語り、多くの人を驚かせました。

この日はアナウンサーの安住紳一郎さん、タレントの石塚英彦さんと一緒にグルメロケを行います。その中で尾野真千子さんの経歴についてのトークが展開。やがて下積み時代の話に。

尾野真千子さんは15歳で女優業をスタート。ブレイクするきっかけとなった連続テレビ小説『カーネーション』(NHK)が放送されたのは、尾野真千子さんが30歳になる年だったといいます。

そこで番組は、「尾野真千子さんがブレイクするまでの15年間、続けていたことは何か」というクイズをスタジオで出題。その答えにスタジオは騒然となりました。

それは「タンポポを食べていた」というもの。

尾野真千子さんは当時についてこのように説明しています。

タンポポを食べてたのは東京出て、すぐくらいにお金なくて、道端の葉っぱをちょいとお摘みしました。

ぴったんこカン・カン ーより引用

地元である奈良県から上京してすぐにお金がなくなり、道端のタンポポを食べ始めたといいます。しかも、ブレイクする直前まで食べ続けていたとのこと。

そんな生活にくじけそうになることもあったそうですが、尾野真千子さんは涙をにじませながら、当時を振り返りました。

親に無理いって東京に出させてもらったので帰りたくないから。どうにか帰らない方法はないかなって思って。親に仕事も何もないのに仕事が入ったってウソついて…。

ぴったんこカン・カン ーより引用

現在では多くの人が知る人気女優の尾野真千子さんですが、このような苦労があったのですね。

尾野真千子の現在・これからは

尾野真千子さんは2019年春に公開予定の映画『影踏み』に出演することが決定しています。

また同年初夏公開の映画『台風家族』にも出演しており、公開を楽しみにしている人も多いようです。

活躍にも磨きがかかってきた尾野真千子さん。これからどんな姿を見せてくれるのか楽しみですね!

尾野真千子プロフィール

生年月日:1981年11月4日

出身地:奈良県

血液型: 型

身長:161cm

所属事務所:トムカンパニー

中学2年生の時、靴箱の掃除をしている時にスカウトを受け、映画『萌の朱雀』で女優デビュー。高校卒業後に上京し、本格的に女優として活動を開始する。それからは数多くの作品に出演するが、あまり注目されない日々が続き、世間に広くその存在が知られるようになったのは2011年放送の連続テレビ小説『カーネーション』(NHK)がきっかけ。その後は主演やヒロインを演じる機会が多くなり、現在もその演技力の高さで各方面から支持を集めている。


[文・構成/grape編集部]

出典
トムカンパニー

Share Tweet LINE コメント

page
top