grape [グレイプ] entertainment

ディラン役のルーク・ペリーが死去 なだぎ武のコメントが胸に刺さる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年3月4日、海外ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書』や『ビバリーヒルズ青春白書』などにディラン・マッケイ役として出演していたルーク・ペリーさんが逝去されました。享年52歳でした。

海外メディアは、2月27日にルークさんが重度の脳卒中を起こして緊急搬送されたことを報道。多くの人が回復を祈る中での訃報に、世界各国から悲しみの声が寄せられています。

ルークさんと関係が深い、お笑い芸人・なだぎ武さんも訃報を受けてコメント。多くの人が共感しています。

なだぎ武さんがルーク・ペリーさんの逝去にコメント

なだぎ武さんは、『ビバリーヒルズ』シリーズのディラン・マッケイを元にした「吹き替えネタ」でブレイクしました。

お笑い芸人・友近さんが扮したオリジナルキャラであるキャサリンと共に、コンビ名『ディラン&キャサリン』としてバラエティ番組に出演したことも。

そんな、芸人人生の恩人でもあるルークさんの訃報を知り、なだぎ武さんは大変な衝撃を受けたようです。3月5日の朝には、Twitterにこのようなコメントを投稿しました。

2019年の夏には、『ビバリーヒルズ青春白書』が復活することが決定していました。

ドラマの復活を機に、ルークさんが回復することを誰よりも祈っていたなだぎさん。ディランのフィギュアや、かつて本物のルークさんと一緒に撮影した思い出の写真と共に、このような悲しみのコメントを投稿しています。

『ビバリーヒルズ』シリーズのファンの多くが、悲しみに沈むなだぎさんと同じ気持ちでした。

なだぎ武さんの投稿を読んだ人たちからは、「学生時代はアメリカで過ごしました。青春そのものだったルークさんが逝去されて、とても悲しいです」「ショックでした。胸に穴が開いたようです…」などのコメントが寄せられています。

役柄であったディランと共に、多くの人から愛されたルークさん。心よりご冥福をお祈りいたします。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経新聞@nagi_nagionadagigigi

Share Tweet LINE コメント

page
top