grape [グレイプ]

松坂慶子の若い頃の写真に「キレイすぎでしょ…」 今、注目される理由は?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

松坂慶子の若い頃の写真に「キレイすぎでしょ…」 今、注目される理由は?

女優や歌手、司会者などマルチに活躍している松坂慶子(まつざか・けいこ)さん。

その高い演技力や歌唱力はもちろん、穏やかな人柄の持ち主であることでも知られ、老若男女問わず支持を集めています。

そんな松坂慶子さんの活躍ぶりや、過去の姿、子供についてなど、さまざまな情報をご紹介します!

松坂慶子の若い頃の写真に「めちゃくちゃ綺麗…」の声

優しい笑顔と、品のあるたたずまいが印象的な松坂慶子さん。

現在も十分美しいのですが、「若い頃の松坂慶子が本当に綺麗」と話題になったことも。

まずご紹介するのは、1972年、松坂慶子さんが20歳の時の写真です。

松坂慶子の若い頃の写真に「キレイすぎでしょ…」 今、注目される理由は?

松坂慶子 1972年

このころに、松坂慶子さんは大河ドラマ『国盗り物語』(NHK)で濃姫(のうひめ)役を演じ、世間に広く知られる女優になりました。

松坂慶子さんは若い頃から、色気のある女優として知られており、1979年にはこんなショットも。

松坂慶子の若い頃の写真に「キレイすぎでしょ…」 今、注目される理由は?

松坂慶子 1979年

美しい顔立ちと整ったプロポーション。思わず見入ってしまいます。

昔の松坂慶子さんを知らない世代からは、「松坂慶子の若い頃って、すごい美人だったんだ」と、驚きの声が上がっていました。

松坂慶子さんを含む、昭和を彩った名女優たちの過去の姿を見たい人は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

松坂慶子の歌に「癒やされる」の声が続出

松坂慶子さんは1979年放送のドラマ『水中花』(TBS系)で主演し、さらに主題歌である『愛の水中花』も担当。ドラマの人気の高さも影響し、同曲は大ヒットとなりました。

それ以来、松坂慶子さんは女優としてはもちろん、歌手としても知られるように。

近年では2015年に作曲家である浜圭介(はま・けいすけ)さんとデュエット曲『哀愁の札幌』をリリース。「いい曲。昔を思い出す」「懐かしさを感じる」と、多くの人を癒やしました。

松坂慶子&浜圭介『哀愁の札幌』

松坂慶子には娘が2人 「将来は子供も芸能界入りか?」といわれたことも

松坂慶子さんは、1990年にジャズギタリストの高内春彦(たかうち・はるひこ)さんと結婚しました。2人の間には、長女と次女が生まれています。

長女と次女は、過去に松坂慶子さんとTV番組で共演したことがあり、「もしかしたら芸能人に?」と期待する声もあったそう。

しかし、そうはならなかったようで、サンケイスポーツによると2015年4月に行われた朗読劇『私のエディット』の制作会見に臨んだ松坂慶子さんは、娘2人についてこのように語ったといいます。

自らの人生については「おととい(12日)にね、下の娘が成人式を世田谷区でしたので忙しかった」と母の顔に。「14歳から女優の仕事を始め自分中心で生きてきたので、家族に合わせるのって疲れますね」と笑顔で冗談まじりに語った。

1990年に結婚したジャズピアニスト、高内春彦(60)との間に生まれた長女(22)と次女(20)は現在、ハワイの大学で美術を学んでいることも明かした。

サンケイスポーツ ーより引用

2015年当時、ハワイの大学で美術を学んでいることが明かされた長女と次女。

2人の現在について確かな情報はありませんが、ミュージシャンと国民的女優の子供ということで、グローバルに活動していることがうかがえます。

松坂慶子の今は? 『まんぷく』の母役が人気に

松坂慶子さんは、2018年10月から2019年3月まで放送された連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)に出演していました。

『まんぷく』の中で松坂慶子さんは、女優の安藤サクラさん演じる主人公・今井福子の母親、今井鈴役を熱演。

マイペースかつ憎めないキャラクターで多くの視聴者をとりこにし、劇中での今井鈴のセリフ「私は武士の娘です!」がファンの間で話題になったことも。

松坂慶子さんは今井鈴を演じるにあたって、自身のお母さんをモデルにしたのだとか。2018年10月20日放送のトーク番組『土曜スタジオパーク 』(NHK)でこのように語っています。

自分に似ている部分はあるんだろうけど、やっぱり母を思い出しますね、鈴さんを演っていると。

やっぱり母もすごく勘のいい人で、空を見て「鳥が鳴いてるからこれは晴れるね」っていって雨が上がって、そういうので感心した覚えがあるので。

怒られたりはもちろんするんだけれども、なんかね、ニコッと笑った時の少女みたいな天真爛漫な笑顔っていうのは母で、「あ、これじゃあ許すか」みたいな。

土曜スタジオパーク ーより引用

『まんぷく』が終了し、「鈴が見られなくなるのがさみしい」との声も多く、松坂慶子さんの演技がどれだけ素晴らしかったかが分かります。

また、松坂慶子さんは2018年の大河ドラマ『西郷どん』(NHK)でも母親役を演じており、2019年3月に両作の演技が認められ、第27回『橋田賞』を受賞しています。

松坂慶子さんはほかにも、2019年5月公開の映画『僕に、会いたかった』や、同年10~12月にかけて放送されたドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)に出演。

映画『僕に、会いたかった』

2020年1月放送のドラマ『あしたの家族』(TBS系)では、小野寺真知子役を演じました。

さらに、ドラマ『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』(テレビ東京系)にも出演します。

デビューから50年以上が経った現在も、多くの人を魅了し続ける松坂慶子さん。次回作ではどのような姿を見せてくれるのでしょうか、楽しみですね!

松坂慶子 プロフィール

生年月日:1952年7月20日

出身地:東京都

血液型:A型

所属事務所:モマオフィス

小学2年生の時に、『くるみ児童合唱団』に入団。中学時代も演劇部に所属し、『劇団ひまわり』に所属する。同年、特撮コメディ『忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ』(テレビ朝日系)でTV初出演。1973年の大河ドラマ『国盗り物語』で濃姫役を演じて、広く知られるようになった。さらに1979年の映画『配達されない三通の手紙』や、主演ドラマ『水中花』での妖艶なバニーガール姿が話題となり、人気を確立。現在も第一線で活躍するベテラン女優の1人。


[文・構成/grape編集部]

出典
哀愁の札幌/松坂慶子&浜圭介サンケイスポーツ土曜スタジオパーク【5/10(金)公開】映画『僕に、会いたかった』先出し本編映像①sakuraandoあしたの家族@tx_kin8

Share Tweet LINE コメント

page
top