grape [グレイプ]

生放送で激怒した若一光司に、称賛の声 「素晴らしい!」「指摘してくれてありがとう」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2019年5月10日に放送された、情報番組『かんさい情報ネットten.』(読売テレビ)。

この日、コメンテーターとして出演していた、作家の若一光司さんの言葉がネットで話題になっています。

若一光司、報道番組の『人権感覚の欠如』に強い怒り

番組では『人々の迷いを調査』として、お笑いコンビ『藤崎マーケット』が道行く人たちに声をかけるコーナーを放送しました。

VTRでは、店員の「常連の性別が分からない」という声を聞き、藤崎マーケットがウワサの常連客に突撃。恋人の有無を聞いたり、胸元を触ったり、免許証を見せてもらったことで男性と判明しました。

VTR放送後、若一さんは司会に向かって大きな声でこういいました。

「男性か女性かどっちか」という質問のやりかた。これは許しがたい人権感覚の欠如ですね。

個人のセクシュアリティに、そういう形で踏み込むべきじゃないです。極めて。

こんなこと、よく平気で放送できるね。どういう考えですか、これ報道番組として。ちゃんと考えろよ!

かんさい情報ネットten. ーより引用

同番組は生放送のため、編集で発言をカットすることはできません。若一さんが声を荒げると、スタジオの空気は凍り付きます。

そんな中、司会が話を切り上げて進めようとすると、若一さんは再び大きな声でこういいました。

ちゃんとね、ご本人がTVに出ることを了解していたとしても、個人のセクシュアリティに対してそういうようなアプローチをすること自体が人権感覚、人権意識にもとります(反します)。

かんさい情報ネットten. ーより引用

外見から性別が判断しづらい人のセクシュアリティに踏み込み、あまつさえ恋人の有無を尋ねたり胸元を触ったりした番組に、真剣な表情で人権感覚の欠如を指摘する若一さん。

「よく平気で放送できるね。ちゃんと考えろ」と、報道番組のありかたに疑問を呈しました。

番組放送後、ネット上で若一さんの発言は拡散され、称賛の声が相次いでいます。

・いつもは優しい若一さんがこんなに怒るなんて…。ハッキリいってくれてありがとう。

・ここで若一さんが怒らなかったら、番組はもっと炎上していたんじゃない?むしろ救われたと思う。

・生放送で出演する番組にハッキリと「ダメ」といえるのは、本当に素晴らしい。

・子どもも一緒に見ていたから、ちゃんと怒ってくれて本当によかったです。

若一さんの言動に対し、一部の人からは「ノリが悪いな」「空気を読めよ」といった批判的な声もありました。

しかし、老若男女問わず多くの人が目にするTVで差別的な行為や、人権感覚が欠如した行為を放送するのは問題があるでしょう。

こうして若一さんが批判することで、「これはいけないことなんだ」と気付く人がいたかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
かんさい情報ネットten.

Share Tweet LINE コメント

page
top