grape [グレイプ]

草刈民代のインスタに「美しすぎる!」の声 夫・周防正行との結婚生活について語ったこととは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

草刈民代

俳優として活躍している草刈民代(くさかりたみよ)さん。

その美しさと抜群の演技力で、幅広い世代から支持されています。

そんな草刈民代さんのインスタグラムや、夫である映画監督の周防正行(すおまさゆき)さんとの結婚生活、現在の活動についてなど、さまざまな情報をご紹介します!

草刈民代のインスタに「美しい!」の声が殺到

草刈民代さんはインスタグラムを頻繁に更新しており、フォロワーはおよそ1万5千人と人気。

共演者とのオフショットや、プライベートでの写真などを数多く投稿しています。

ファンからは「昔と変わらず美しい」「本当に素敵」といったコメントが多く寄せられています。

草刈民代と夫・周防正行の結婚生活は?

1996年3月に、周防正行さんと結婚した草刈民代さん。

2人は、周防正行さんが監督を務めた同年公開の映画『Shall we ダンス?』に、草刈民代さんが出演したことがきっかけで出会ったのだそう。

草刈民代さんは2018年10月19日放送のトーク番組『A-studio』(TBS系)に出演した際、馴れ初めについて次のように語っています。

(『Shall we ダンス?』の)完成披露試写が終わって、1か月後くらいに「結婚しましょ」みたいなことになって。

で、3か月後に式を挙げて。

A-studio ーより引用

また、草刈民代さんは同番組の中で、結婚生活についても明かしていました。

この日、番組MCを務める笑福亭鶴瓶さんが事前に周防正行さんを取材。

草刈民代さんは昔、片付けが苦手だったのだそう。周防正行さんによると、新婚旅行から帰ってきた時に家の電気はつけっぱなし、歯磨き粉のふたも開けっぱなしでとても驚いたといいます。

それを聞いた草刈民代さんは、このように語りました。

いまはずいぶんよくなってるんですけど、なんかすると大体すぐ次のことにいってるんですね。

だから元に戻すとか、そこまでする手前にもう先にいっちゃってて。

私ね、結構せっかちみたいなんですね。だから片付けしながら全然違うこと、「なんでいまこれやってるんだろう」みたいな。

「え、何やってたんだっけ?」みたいな、そういうこと。

A-studio ーより引用

この話に、笑福亭鶴瓶さんは「そんな感じ全然せえへん」とコメントしていました。

その後、笑福亭鶴瓶さんから「片付けはみんな監督(周防正行さん)がしはるんでしょ?」と聞かれると、草刈民代さんは次のように語ります。

クローゼットとかそういうのも、私は結婚して10年ちょっとすぎくらいまで、触っちゃいけないと思って。

そしたら、私よりクローゼットの中の洋服が増えてるんですよね。

「なんでこんな溜まってるんだろう?」って。

なにしろね、捨てるってことができない人なんですよ。

それで「これは私が整理しないとだめだ」と思って、全部並べて「いらないものは捨ててください」って。

で、その時には「嫌だ」って抵抗してたんですけど、彼が見い出したのは「写真を撮れば捨てる」ってことだった、写真に撮れば。

だから使うものを写真に撮れば捨てられるみたいな。

それで、やっとものは捨てられて。

A-studio ーより引用

これに対し、笑福亭鶴瓶さんは「こっち(草刈民代さん)は片付けられない、かたや捨てられない。ゴミ屋敷やん!」とコメントし、スタジオは笑いの渦に包まれました。

そんな草刈民代さんと周防正行さんはとても仲がいいようで、インスタグラムには2ショット写真が数多く投稿されています。

草刈民代 番組で西城秀樹への愛を語る

同番組の中で草刈民代さんは、2018年5月にこの世を去った歌手の西城秀樹さんについても語っていました。

草刈民代さんは、西城秀樹さんの大ファンなのだそう。

笑福亭鶴瓶さんから西城秀樹さんについて話を振られると、草刈民代さんはこのように語ります。

何が素晴らしいかっていうと、踊ってるような歌なんですよ。やっぱり躍動感がすごいなと思って。

私はフレディ・マーキュリー見た時も「うわーすごい!」って思いましたけど、同じような感動を、てか同じ種類のものを感じて。

A-studio ーより引用

また、草刈民代さんは西城秀樹さんに会ったことがあるといい、その当時について次のように説明しました。

私、ピッていくとパッて行動に出ちゃうので、チケットも取ってなく「1枚ぐらい取れるだろう」と新幹線乗っちゃったら、そこで検索したら「SOLD OUT」って書いてあって。

「やだ、新幹線乗っちゃった」「チケット買えなかった、どうしよう」と。

で、うちの旦那さんに慌てて電話したわけですよ。電話したら「ちょっと待って」っていって、大阪の知り合いの人に電話してもらったら、1枚用意してくださって。それでいい席に座らせていただいて。

そしたら(西城秀樹さんが)「楽屋にどうぞ」っていってくださって、もう私ボロボロで(泣きながら)「すいません」みたいな。

なにしろまず、60歳の還暦記念のCD、あれが素晴らしくて「もう本当にあのCD素晴らしかったです」っていったら、「あれはでき上がるのに1年かかった」っておっしゃって。

やっぱり歌うのも大変な時もあるだろうし、でもそれでやっぱり歌うことを何回も繰り返してCDを制作し、その舞台も身体が悪かったりして「それがすごい」っていうのではなく、あの状況で当たり前のように舞台に立って歌われてるっていう。

で、やはり歌声聞いた時になんかね、ありえないようなものを見てるんじゃないかっていうぐらいのものを感じたんですけど、それを3年経って亡くなってからも私ずっと先月くらいまで毎日のように見てたんですね。

A-studio ーより引用

興奮気味に西城秀樹さんへの愛を語る草刈民代さんの姿を見ると、心からファンであることがうかがえました。

草刈民代の現在・これからは

草刈民代さんは、2018年10月から12月にかけて放送されたドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)に、北澤薫役で出演しました。

同作の中で、草刈民代さん扮する北澤薫は、アイドルグループ『TOKIO』の松岡昌宏さん扮する井原侑市にプロポーズされ、結婚。

草刈民代さんはインスタグラムで、同作の中で披露したウエディングドレス姿を公開し、大きな反響を呼びました。

2019年4月8日から放送されているドラマ『やすらぎの刻〜道』(テレビ朝日系)には、名倉みどり役で出演しています。

年を重ねるにつれてますます美しくなっている草刈民代さん。これからの活躍も楽しみですね!

草刈民代 プロフィール

生年月日:1965年5月10日

出身地:東京都

身長:168cm

所属事務所:オスカープロモーション

俳優になる前は、バレリーナとして活躍。8歳のころからバレエを始め、16歳の時に『牧阿佐美バレヱ団』に入団。1984年には、『恋の絲』で主役に抜擢された。それ以降、数多くの作品で主役を務める。その一方で、広告やCMでも活躍。1996年には映画『Shall we ダンス?』で映画初出演にして主演を務め、数多くの賞を受賞した。2009年にバレリーナを引退し、女優に転身。それからは大河ドラマ『龍馬伝』(NHK)や『アルジャーノンに花束を』(TBS系)、映画『舞妓はレディ』など、数々の映画やドラマに出演している。


[文・構成/grape編集部]

出典
オスカープロモーションtamiyo_kusakari_officialA-studiodairenai_tbsyasuraginotoki

Share Tweet LINE コメント

page
top